つり・うた・たま〜釣り・合唱・野球を神器として

アクセスカウンタ

zoom RSS もったいない 時間活用 キス釣りの効用

<<   作成日時 : 2016/06/18 01:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

6月14日、家人を隣市まで送り迎えする事になった。
11時から15時という制約。
大事な4時間を上手に使うには何が良いかを出発前に考えた。

家人の用事に同席するわけにはいかない。

その地の図書館行きを第一候補(真面目)に考えた。

次に浮かんだアイディアはキスのちょい投げ釣り。

考えてみるに梅雨の晴れ間を有効に使うには最適だ。
第一にキスは海水の濁りに弱い(経験)から、この一両日雨がないこの日よりが良い。
しかもこの時期はまだ、ピンギス(生まれたての小さな魚)が居ない(?)ので釣りやすい。

それやこれや勝手な理屈をつけて、キスのちょい投げを選択した。

60年もの付き合いのある釣具店で餌のゴカイを求めた。

キスの餌の定番ともいうべきゴカイが
品薄、小さすぎる(細すぎる)等の理由で置いてないという。

代わりにアオケブの小さ目を勧められた。
こちらのほうは小さめ(細め)の方がベター。

300円分仕入れた。
2〜3時間のちょい釣りにはこの程度で十分と店の人と意見が一致。
画像

釣り場に、大野川河口右岸の導流堤を選択。
16時35分 満潮 長潮。
12時過ぎに竿出し。

丁度、船釣りから返ってきた人のクーラーの中を見せてもらった。
25cmクラスがかなりの数上がっていた。
川と海の境目辺りでの釣果だった、と言っていた。
画像
画像

俄然、やる気が出てきた。

重りを10号で投げたが、どうも竿とのバランスが悪い。
約半分の6号にかえたが、飛距離にたいした違いがない。
投げ方が悪いのかいいのか分からない飛び方だった。

60mも投げただろうか、小さな当たりが頻繁に出るが針がかりしない。
12cmのキスが上がったあとはメゴチの小、フグから餌をとられた。

3時までに合計9尾のキス。(写真はありません)

  当然、夜のおかずは「キスの天ぷら」。
  小さいし、数も少ないので配分が難しい。
  庭の青じそをとってきてこれも天ぷらにした。

と、この日はこれまでだったのだが、何故か(?)300円の餌が余った。

もったいない精神に耐えがたく、翌朝5時、市内の浜辺に向かった。

昨日の余りのアオケブをつけて投げ込んだ。

いきなり、手応え!

上がってきたのは、ベラ。
次々に4尾。
15cmくらいの大きさだが、引きが強い。
すべて海にお帰り願った。

次のポイントへと水辺を歩く。
砂に足をとられそうになる。

強烈な引きが竿に伝わってきた。
しばらくやりとりを楽しんだ。

23cmクラスのキスだった。
画像

次に、糸なりがするくらいの引きがきた。
ダツの凡そ50cm。
ベラとの一荷で上がってきた。
ダツの口から針を外そうして歯に触った私の指の皮が破れた。

すごい歯が上下に並んでいた。

なんやかやと、昨日に続いてキスちょい投げ2時間だった。

合計7尾のキス。
昨夜に続いて、再度のキス天。

もったいない精神のお陰!!!

(陰の声−−釣りバカの極み)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
もったいない 時間活用 キス釣りの効用 つり・うた・たま〜釣り・合唱・野球を神器として/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる