つり・うた・たま〜釣り・合唱・野球を神器として

アクセスカウンタ

zoom RSS タグボート タンカー 着岸作業 漁獲ゼロ

<<   作成日時 : 2017/03/04 23:51   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
3月4日(土) 久しぶりの朝からの出港。
例によって従弟のKちゃんの船。
Kちゃんの友人のKKさんと3人。
アジ寿司を思い浮かべながら海に出た。
画像
          タンカー
画像
          タグボート
天気良好、波穏やか。
ただ風が冷たい海の上だった。

ポイントを次々に変えるも当たりなし。

そんな時の合い言葉
−−粘れ、粘れ、粘り勝ちを!

これまでに幾度となく交わした言葉。
しかも相当な確率で成功した経験に基づくもの。
画像

ポイントを変えては餌を撒き、を繰り返すが
ぴくりとも竿先に反応がない。

3人とも4時間餌撒きに徹したアジ釣りでした。


そうなると、大きなタンカーの離岸、着岸に目がいく。
午前中、タンカーが離岸すると待ち構えていた次の船が接岸を始めた。
以前に離岸するところを紹介したが,今日は幸いなことに(魚が釣れないため?)接岸する作業を目の前で見ることが出来た。
巨大なタンカーをシーバースに横付けする。
作業を行うのはタグボートが3艘。

写真では見えてないがタンカーの横腹にタグボートが一艘横着けして横に押す(タグボートの特徴のひとつ?)、そして前後についたタグボートが二艘で押したり牽いたりして、シーバースに平行して(真横に)付ける。
素人には大変な作業に見える。
画像
画像
画像
 位置が決まったところで、タンカーの前後からロープを使って別の場所に固定する作業がある。このときは別々の作業船が前後息を合わせて同じ作業をそれぞれが行う。そのロープたるやそれぞれ4本。更に更にタンカーの横舷の2カ所から短めのロープを各2本出して固定する。
その作業の間、タグボート3艘はタンカーの位置が動かないようにエンジンを掛けたまま調整する。なんとも大変な作業を見せて貰った。
画像
作業を終えたタグボートがそれぞれ帰って行った。しばらくしてオイルフェンスが徐々に姿を現した−−海底に設置してあるオイルフェンスにエアーが入れられて船尾の方から徐々に浮かび上がってくるブイ。見ていて一寸楽しい。そしてすっかりタンカーの周りを囲む仕組みになっている。

魚が釣れない悔しさはおいて、タンカー接岸の見学となった日だった。

PS:帰宅すると、家人が大葉(青じそ)を2パック買っていた−−−
      「なしか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
タグボート タンカー 着岸作業 漁獲ゼロ つり・うた・たま〜釣り・合唱・野球を神器として/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる