つり・うた・たま〜釣り・合唱・野球を神器として

アクセスカウンタ

zoom RSS クジラが吠える みんくホエールズ 男声カルテット 奮戦記

<<   作成日時 : 2017/05/04 23:58   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

「2017年3月1日 午前9時50分ごろ、大分市大在の沖合約6キロの別府湾で、巡回中の大分海上保安部の巡視艇「せきかぜ」がクジラとみられる生物と遭遇した。船の航行に注意を呼びかけている。」という記事が出た。
水族館「うみたまご」(大分市神崎)の十万仁志(じゅうまんひとし)さんによると、尾びれの形や模様から、ザトウクジラとみられるという。画像
ザトウクジラの回遊するルートにエサの豊富な豊後水道が含まれているのではないかとみているとも。(註)写真はザトウクジラの尾びれ。個体ごとに特徴がある。この写真は今回のザトウクジラの物ではありません。
そういえば2004年1月にも、ザトウクジラが一頭入り込み、「かんちゃん」という愛称もつきしばらくは遊覧船も出たことがあった。これは私も撮影にでかけたが
撮った写真は行方不明になっている。

なんで長々とクジラの話しかというと、表題の「男声カルテット みんくホエールズ 」の説明のための前文なのです。

業界OB会の懇親会で「ハモろー」という話しが昨年からあり、急遽、結成したのが「男声カルテット みんくホエールズ 」なのです。

男声四重唱の仲間なのです。

「みんく」は会の名称の一部。
ホエールは英語でクジラ=吠える=歌う。
更に言えば、ミンクという種類のクジラも居たっけ、
とかいうことでのネーミングです。
画像

さりとて、写真の4人はクジラではありません。
現業を退いたOBたちです。

歌が好きで、それぞれ別々の合唱団の現役です。

所属団体が異なることから事前に2回ほど練習(声合わせ)を行いました。練習の不足は「度胸」で補おう、と本番に臨みました。
画像


当日の曲目は
1.文部省唱歌 「ふるさと」 を三部重唱で。
2.ダークダックス編曲 「若者たち」を四部重唱で。
3.磯部俶作曲 林雄一郎編曲「遥かな友に」を四部重唱でそれぞれ披露しました。
画像
画像

*拍手が多かったので、「来年もやろう」、なんてことを言っています*


PS:カルテット(〈イタリア〉quartetto)というのはご存知のように 4 の意味です。
楽器の四部重奏、
人声の四部重唱を
普通カルテットと呼んでいるのです。
歌の場合が四重唱。
男の声だけのコーラスは男声四重唱、となるわけです。

一つの形としてbarbershop quartet(バーバーショップ・カルテット)とよばれているのは
19世紀のアメリカで生まれた男声コーラス・グループおよびその演奏形態の総称なのです。

特徴として、

男声四重唱である
トップ(テナー)、セカンド(テナー)、バリトン、ベースの4人編成が多い

無伴奏(アカペラ)が基本 。

その昔、街の社交場とされていた理容店で結成されたのが起源といわれているようです。

ところで、我々の年代の男声カルテットといえば
なんといっても日本では「ダークダックス」だったでしょう。

慶應義塾大学経済学部出身。同大学の男声合唱団ワグネルソサエティのメンバーたちが、1951年のクリスマスパーティーで「ホワイト・クリスマス」の合唱(重唱)を披露したことがきっかけで結成。ただしこのときはパクさんこと高見澤宏が入学する前だったので、メンバーは3人だった。
1957年にロシア民謡「ともしび」でのデビューは鮮烈な印象を受けたのは私だけではないでしょう。

他に、「デューク・エイセス」「ボニージャックス」などが活躍していましたね。

PPS:イル・ディーヴォ(IL DIVO)というグループをご存知ですか。

グループ名の“IL DIVO(イル・ディーヴォ)”とは、神のようなパフォーマー、もしくは男性版ディーヴァを意味するイタリア語。メンバーは、アメリカ、フランス、スイス、スペイン出身という国際色豊かな4人。2004年11月のデビュー以来、これまでのアルバム・トータル・セールスが、全世界で2,600万枚以上を記録し、ナンバーワンを50回以上獲得し、33ヶ国以上でゴールドまたはプラチナ・ディスクに160回認定され、画期的なワールド・ツアーを4回にわたって行ってきた。
素晴らしい歌声をyou tubeで聴くことができますよ。
例えば、https://www.youtube.com/watch?v=JNV9ZbAOK_k

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「みんくホエールズ」楽しそうですね。
その勢いで「オペラ講座」にもどうぞ(^_^)。
ふじた
2017/05/06 06:35
昔は競合関係にいたものの、仕事の現役を退いてみればOB仲間。それに年金仲間。しかし歌(合唱)は現役ばりばり(^_^;)それやこれや男声カルテットの魅力を伝えよう、ひいてはそれぞれの合唱団のコンサートに関心を持ってもらえれば一挙両得などなどの含みを持たせながらのパフォーマンスでした。
だいぶつ
2017/05/06 18:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
クジラが吠える みんくホエールズ 男声カルテット 奮戦記 つり・うた・たま〜釣り・合唱・野球を神器として/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる