招き猫の日

9月29日は「招き猫の日」ですってね。
招猫倶楽部が1995年に制定したそうです。
この倶楽部は、1993年に創立された全国的な招き猫の愛好家組織。
招き猫が好きな人のサークル。会員は1.000名余。
会員の住所や年齢、職業はさまざま。
なんでも、「招き猫を通じて日々の生活を少しでも楽しく愉快なものにすること」が、主な活動内容とか。
9月29日(招き猫の日)の記念イベント・来る福招き猫まつりをはじめ、様々な招き猫の催し物に協力して
招き猫の普及活動をしているといいます。
伊勢の「おかげ横町」の招き猫祭りは知られているそうですが、あなたはご存知でしたか?
なぜ、伊勢の町に祭り、については同倶楽部のHPをご覧下さい。

話をもどして、9・29という数字を眺めて、なるほどという方は鋭い方です。
9=来る 29=福 ひっくり返して 福が来る=招福という語呂合せということです。
それでは招き猫とはそもそも何なのか、と言うことですが、詳細は同上のHPを見て頂くとして、
かいつまんで話しますとおおよそ次のようになります。
まず、招き猫はいつ、どこで、生まれたのかをみます。
①自性院説というのがあり、この中に大田道灌が絡んだ説、猫面説など。
②彦根藩主が絡んだ豪徳寺説--これも八つ位に分かれている。
③遊女薄雲に関わる招き猫の縁起話--これも七つ位に分かれている。
➃金猫銀猫説--江戸時代、吉原の遊郭の一つ、猫屋が金銀で飾った猫を飾ったのが始まりとか。
 格子から手招きする遊女の姿が人を呼ぶという猫の手招きの(顔を洗う)姿に似ているからとかいう。
 こちらも四説ほど。
⑤小判猫説--報恩猫の伝説絡み。
⑥今戸土人形説--浅草の老女と猫の話--こちらも六つの説。
⑦そのほか大陸説、土産屋が作った両手を上げた招き猫作ったとか 
いずれにしても真偽のほどは分からないそうです。
それにしても随分いろんな説があるものですね画像

招き猫は片方の手に小判(お金)を持ち、片方で人を招くという縁起物で
昔から商売をしているところには欠かせないものだったのでしょうか?

焼き物として形を残したものとしては瀬戸焼などが有名ですね。

「世渡りに今戸ハ猫を焼いて喰イ 」(樽八七25オ)--今戸焼きを詠んだ川柳はいくつもあり、猫の人形を焼いていたことを思わせる唯一のものがこの川柳とか。
これは『柳樽 第八七編』に載った川柳  この猫が招き猫であるのか、単なる猫の人形なのかは不明だということです。
以上資料は「招猫倶楽部」のホームページを参考にしました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック