119番以外のサイレン-2

11日のサイレン騒動が14日の地元紙の夕刊に掲載された。
画像

13日も14日も臭いが発生した。
13日午前中家の中に来た臭いに反応、急ぎ柄杓とバケツを持って駆けつけた。わずかに残っている水面の油性のものを汲み上げバケツへ入れた。
夕刻、そのバケツを覗いたが臭いが消えていた。
14日昼前、臭いがしたので、急いで汲み上げた。
いま、午後8時45分、汲み置きの物質の臭いを嗅いだが消えていた。
おそらく、揮発性の何かだ。

目で見た限りでは、水面に油膜状のものが浮いている。
         色は、光の具合にもよると思うが薄紫。
         シャボン玉の色変わりに出る紫・青。
鼻で嗅いだ限りでは刺激臭のある、油が蒸発するような臭い。
         あるいは消毒液のような臭い。

時間をおくと、臭いも、油膜状のものも消える。
???

どなたか科学に強い方、どんな物質なのかお教えください。

水の環境戦略 (岩波新書)
岩波書店
中西 準子
ユーザレビュー:
この理性的な議論が受 ...
夏の渇水時期でも農業 ...
環境問題の本質とは… ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

やってみよう!環境教育 みんなでつくる川の環境目標
環境コミュニケーションズ
日本水環境学会WEE21編集委員会
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

六尺
2008年10月15日 10:32
通報した市内70代の男性ってNさんのことではないですよね?
いずれにしても物騒ですねー
お気付け下さい。

この記事へのトラックバック