物忘れをしない方法を教えて

1月は行く・・・2月は逃げる…去る3月ということが言われていますね。

何となく意味は分かります。
何と言っても2月だけは本当に短く感じます。

3月以降に良いことが待っている、という場合はどうなんでしょう。

今日は月々のことではなくて、「忘れる」ことを話したいのです。

このところ、忘れることが多くなったような気がします。
年だから、と言い訳はしたくないのですが~
2~3日前のことがなかなか思い出せない、昨日紹介された人の名前を忘れた---
ただし、今日のお昼は何を食べたか、位はしっかり覚えています。

先日健康診断で頭部のCTスキャンを受けました。

病的なものはない--良かった!!

しかし、忘れ物をする原因を教えてもらえなかった!

さて、本題ですが、あなたの「物忘れをしない方法」を教えて下さい。

分けて考えて見ると

覚えることはどうですか~どんな方法?

覚えたことを必要なときどうやって思い出すのですか?

ぜひお知恵を拝借したいのですが!
対象をしぼって、日常生活、スケジュールを主としてみて下さい。
宜しくお願いします。

ちなみに私の方法は、
メモをとったら、カレンダー(日付の大きな)に書き込みます。

主に長・中期のスケジュールが主となります。

次に、写真のようにパソコン・モニターの上部にポストイットを使って項目を貼り付けます。

すぐ貼ること、剥ぐことが出来るので重宝してます。

画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

NG
2009年03月01日 17:28
物忘れしない方法
①覚えないこと。覚えなければ忘れない。
②スケジュールは最小限に。予定が少なければ物忘れも少ない。
③前夜と朝、メモを確認する。
それでも忘れたら、記憶力が悪くなったと嘆かずに、忘却力がついたと喜ぼう。
だいぶつ
2009年03月01日 22:59
NGさん、早速のご教示ありがとうございます。
① 覚えなくても良い方法、例えばメモなどを活用するということですね。
②おっしゃる通り、何でも手を出さずに,生活をコンパクトにすることでしょうか。
③備忘録の確認ですね。

忘却力--なるほど、今後はこれで行こう。

以上実行することを忘れないように心がけます。

いや、忘れるといけないから、大きな紙に書いてデスクの前に貼ります。
六尺
2009年03月02日 08:42
38年間連れ添ってきた愛用の手帳のみです。(ブログ既出) スケジュール帳であり、日記帳であり、備忘帳と1帳3役の活躍をしてくれてます。 (大袈裟かもしれませんが、この手帳が無くなれば生きていけないくらいです) いろんなものを使うと、何に書いたかすぐ分からなくなります、要は情報の一元化ではないかと思っております。 
おっと もうひとつ 家族全員が毎日見る、部屋の真ん中に掛けている何でも書き込める大判のカレンダーがあり、大変重宝しております。(ホワイトボードにしていたが、やっぱりこの方が良い) 
他に良い方法もあると思いますが、あくまでこれは私のやり方です。 では
だいぶつ
2009年03月02日 11:16
六尺さん、有り難うございます。
スケジュール管理、備忘録、に日記帳の三役兼ねた手帳
を38年、奥様の次に愛しているとのこと。ご自分用にカスタマイズしての年季の入った使い方なのでしょう。
確かに「情報の集中--一元化」が必要なことを再確認しました。
私も現役時代はシステム手帳、年度ごとの手帳などあれこれ使ったこともありました。そして、10年日誌をつけていたことはあったのですが--

この記事へのトラックバック