ぬたとちもと(わけぎ=分葱)

改めて”ぬた”とはどういうものか、を調べてみた。
(以下 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』による)

「ぬた(饅)は膾(なます)の一種。

ネギ、ワケギなどの野菜類、マグロ、イカなどの魚類、青柳などの貝類、ワカメなどの海藻類を、酢味噌やからし酢味噌で和えた料理。画像

味噌のどろりとした見た目が沼田を連想させることからこの名がついた。

室町末期には料理として成立していたらしい。

ぬたの味付けとなるソースは、基本調味料に甘みや色合いの点から、米麹を多めに使用した白味噌が多く使われ、この味噌に酢、砂糖、和からしなどを混ぜて作る。

具材は上記の通り、植物ではネギ類がぬたの標準になるほど多く使われる。

わけぎが代表的であろう。

ネギ類のほかにもラッキョウ、ニラ、ニンニク、或いは野草のノビルなどはぬたと相性が良い。

一方、魚介類では貝類なら青柳の舌きり、アカガイ、魚類ではマグロの赤身、イワシなどがぬたの具材として好まれ、使われる。」

おっとと、これにイカを是非加えて欲しい。








「メール便でジャスト1000円!」食べずに死ねるかっ!?全国6種類の味噌渾身のお試しセットDX!【お味噌汁22杯分・790円】
生きてるみそ
2009年3月1ヶ月で実に・・・109セット完売!しかも・・・楽天 味噌ランキング31ヶ月連続入賞中

楽天市場 by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック