見上げてごらん、流れ星を!

14日夜から15日未明に一番よく見えるといわれる

ふたご座流星群を見ようと23時過ぎに外へ出た。




(見上げてごらん夜の星を~男声合唱団豊声会)
(音声のスタートは真ん中の右向き三角形をクリック)

1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群と

並んで、三大流星群と言われているようですね。


毎年コンスタントに1時間あたり20個から30個の流星が

見られるということなので、思い立ったわけです。

寒い中何とも酔狂なことを、と思わないで頂きたい。

かなり真面目な気持ちで厚着をして臨んだのです。

{この時期の ふたご座 は

宵に東から昇り、深夜には天頂付近に見えています。

放射点が一晩中地平線の上にあるので、どの方向にも

流星が流れやすくなります。}


もう少し勉強してみよう。


{ちなみに ふたご座流星群の大きな特徴としては、

小惑星に起源を持つこともあげられます。

ほとんどの流星群は、彗星が尾を伸ばしながら軌道上に

残したチリが、地球とぶつかることで見られます。

しかし、ふたご座流星群の場合、チリを残したのは

彗星ではなく、尾を見せない小惑星ファエトン

(小惑星番号3200番)なのです。

2009年のふたご座流星群は,12月14日午後2時に極大

(流星活動のピーク)を迎えると考えられています。

その前後、12月13日の深夜から14日の未明にかけて

と14日夕方から15日深夜にかけてが

観察の狙い目です。

どの方向でも流星を見ることができます。}


{”流星をたくさん見るためのポイント”

たくさんの流星を見るためには、「光害の少ない

暗いところ」「地平線近くまで視野の開けているところ」

を選ぶことが大切です。}

* { }内は”Astro Artsの星空ナビ”から引用*


というのをネットで見て、絶好の機会を逃すな、と

意気込みも充分、寒空を見続けたのでした。

今夜の9時過ぎの東京の空に上った星座が早くも

ネット上に公開されていた。

それでは我が地でも見えそうだ--

大いに期待した。

星の観測は何でも最低15分位は目を慣らす必要が

あるようなので自宅から少し離れた小学校の裏から

空を見上げた。

少し首も疲れてきた。

20分位いただろうか、あっ、あれかな、という光を

見たような気がした。
画像


不確かなものだが、その気持ちを抱いて帰宅した。


気持ちだけが空回りをしたようだ。
画像

しかし、何にでも首を突っ込む、言い換えれば

興味をいろんな事に向ける気持ちがあるだけ

いいのかな、と思い直した。

足の防寒を忘れて、足先が冷たくなっていた。







黄昏流星群 35 (ビッグコミックス)
小学館
弘兼 憲史

ユーザレビュー:
日常に飽きたピュアー ...
メイドと教授もう35 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

黄昏流星群(34)
楽天ブックス
ビッグコミックス 著者:弘兼憲史出版社:小学館サイズ:コミックページ数:201p発行年月:2009年

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

グーテフォルクと流星群-tiny people singing over the rainbow-
インディペンデントレーベル
Gutevolk

ユーザレビュー:
旅聴いてると、どこか ...
グーテ節なんなんでし ...
遠い旅をする音楽聴い ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック