温泉都市・別府の火事に思う

「また別府4棟焼く」--地元新聞夕刊のトップ記事だ。

「障害者が死亡か」--太い見出しが続く。

さらに、「火災非常事態を宣言」と。

これは

1月18日(月曜)朝4時20分頃起きた火災の報道だ。

別府市野口中町14のアパートから出火し、全焼。

隣のアパ-トと住宅2棟の一部を焼いた火事。

全焼したアパートから一人の遺体が見つかった。

実はこのアパートは我が家と区画が違うが

直線距離にして70~80mと、近いところにある。

道路を二つばかり挟んでいるのではあるが、

大いに心配した。
画像


消失したアパートの

南隣は「福祉施設」、

東側は類焼したアパートと住宅、そして道路を挟んで

                    旧野口小学校。

北側に道路をへだてて銀行、病院

西側が広場(駐車場)という場所だ。


市民の気持ちを代表したような

            新聞の見出し「またか」である。

出火直後に集まった自治会のメンバーの目の前で

火は燃えさかった。

風が強くなかったことだけが救いだった。

独自の安否確認などを行ったが、結果的には一人の

所在がつかめなかった。

自治会長を含めて役員が相談して、とりあえず

公民館を非難場所として提供することを決めた。

市役所の係官も駆けつけ、非常用の毛布、そのほか

生活用品の手配などスムーズな対応が行われた。

この火災では5世帯8人が被災した。

そのうち4世帯7名が公民館へ避難した。
画像
         (4日後の焼け跡)


実は数年前に町内であった火災の際の自治会の

対応が参考となった。

①町内の公民館を避難場所として提供する

②公民館を連絡場所にする

③食事を手配する(炊き出し、弁当など)

④寝具の手配をする

⑤自治会役員、女性部ができきるだけ会場につめる
(民生委員、福祉協力員、一般を含む)



被災者の心情の深いところまでは窺い知ることは

出来ないが、少しでもお役に立てればとの気持ちで

いっぱいである。



「また火事か」というのはつい5日ほど前、

同じ市内で大火災があったばかり。

1月13日夜から14日の早朝までに市の南部、

住宅密集地で火災が発生、

5時間半にわたって燃えた。

いったん鎮火したが、隣の町内に飛び火したものが

1時間半後、再び燃えだし住宅が焼けた。

このときの被害は新聞社の調べでは

被災家屋は40棟40世帯、90人を超えるという。

死者は1名。

(23棟-30世帯55人-が全焼
  2900平方メートルが焼失した大火)

市消防本部によると当時は最大風速23.3メートル





我が町内では防犯パトロールとして、毎週火曜日、

昼夜のパトロールを交互に行って、5年目になる。

また、年末は夜間のパトロールを毎日行ってきた。

昨夜は火事の直後だったので、

被災箇所を中心に特別パトロールを実施した。


被災者の皆様には心からお見舞い申し上げます。

亡くなった方のご冥福を祈ります。



火の用心!

火災非常事態を宣言が出た。




手配



アウトレット%OFF●○セール○●【送料無料】ストーブガード WS-1000 火災防止、火事防止、安全【アイリスオーヤマ】楽天HC【e-netshop】
住まいと暮らしの110番
お部屋のインテリア性を考慮し、ぬくもりのあるウッディタイプで高級感あるデザインです。お子様やペットが

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

正平
2010年02月06日 15:30
火事は本当に怖い!!
だいぶつ
2010年02月06日 22:42
本当に本当に怖い火事!
どなたも十分にご注意を!

この記事へのトラックバック