キス釣り~そのⅡ(別府湾の釣り) 

5月25日、蒲江へ今年初めてのキス釣りにいった。

その1週間後の別府湾のキス釣り。

神力釣具店の船を仕立てての近場の釣りである。

総勢6名のメンバーが乗り込んだ。

住吉港から一路、日出町の真那井沖へ。

この二日前の実釣報告ではあまり芳しくない。

一人10尾位の釣果だったとのこと。

ただ、海底の藻はあまりなくて、釣りやすかったとも。

釣果が少なかったのは、時期が早いのか、

と危惧をしながら、竿を出した。

まず、定置網の周りを攻めることにした。

網を張っているロープの位置を確かめながら

船を流す。

8m~3m位のポイントを探す。

パラパラと当たりが出た。

23cm級の大きさ。

おっ、これは良い形だ、釣れたキスを披露する。

俄然船上はテンションが揚がってきた。

2~3人に来たが後が続かない。

流し変えてパラパラ。

それでも執拗に当たりが出たポイントを中心に流す。

大きな船だから操船も大変だ。

いくつかある定置網回りを探っていく。

あまり食いが良くないのかな。

少しずれると、ギザメ、ヒコゼ?のいる岩場に

なっているところに流される。

2時間くらい粘った。

ぽつぽつ当たるが続かない。

あちこち船を流すが当たりが少なくなった。
画像
     (今年初めてのキスとKさん)


しびれをきらして、場所替えを提案。

今度は少し別府よりの大神港沖。

良いポイント見つけると、集中的に船を流し続け、

外れたところで、また、元にもどっはの繰り返し。

その後、風が出てきた。、

ポイントを通過する時間が短くなって食いが悪くなる。

一度、碇を打って船を止め、船上からの投げでやると

何故かあのメゴチばかりが釣れてくる。

それも小さなものが多い。

特に大きいメゴチだけ確保して、Kさんのクーラーへ。


ところで、メゴチの味を馬鹿にしてはいけない。

鱚の淡泊な味とは違って、煮付けにすると

身がポロッと取れて、美味しく食べられる。

以前、カレー粉を使って唐揚げ風にして食したが

結構いける味だったことを思い出した。



船の碇を揚げて、またまた流しを行う。

そうすると、キスがパラパラと当たりだす。

それにしてもいわゆるピンギスはあまりいなくて

型揃いの鱚が釣れたことは嬉しいことだった。

釣果は均してみると20~25尾見当だったようだ。

20cm~23cmがほぼ50%の割合だったろうか!

画像
      (骨せんべい用の骨も)
画像
        (てんぷらになって食卓へ)

*釣っているときは釣りに集中して、記録写真を忘れる。
 
 その結果、After Fishing で料理の記録になる。


*ただ、ここのキスは何故かとても美味しい!

*家人のキス外交で届いた美味しい手焼きのクッキー
 
ご馳走様です。
画像
画像












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

やっていますね
2010年06月11日 02:43
蒲江のキス
別府湾のキス
そろそろキスの季節ですね
私は20日に蒲江に入ります
全日本サーフ連盟のキス釣り大会の取材です
別府湾のキス
今度ご一緒します
先日の写真は会報紙と共に送る予定です

この記事へのトラックバック