バラの花に思う

いつもの花屋さん。
バラと一緒に花屋さんのメッセージ。
画像

年を経ると情熱も昔と比べて薄れるでしょう。
本日は燃えるような真紅ではない紅いバラです。

いつぞやも同じような文言をきいた。
その時はもっと薄い色の紅バラだった。

真紅のバラを頼んだのに、手に入らなかったための言い訳だったようだ。
画像

歳月と情熱の経年変化を「薄れ」に引っ掛けてのひやかしに違いない。

もちろん当方と花屋さんとの関係はそんなひやかし位で壊れる間柄ではない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック