600人で歌う~鳴門の第九

6月の第一日曜日に毎年行われる「鳴門の第九」は今年で32回を数える。
「第九アジア初演の地に高らかに響け!自由と愛の交響曲」のサブタイトル
今年も国内各地から、さらにロスからの39名をあわせると646名。

大分から参加したのは16名。
私の参加回数は?
正確には思い出せないが7~8回くらいかな!

  
画像
画像
リハーサルの前。

画像
本番前の合唱団。
画像
画像
画像
画像
画像

画像
画像

皆さんお疲れ様! そして新見さん、お疲れ様!

*オプションとして翌日、大塚国際美術館システィーナホールでも「第九」が歌われたが私は参加していない。
バリトンソリストの新見準平氏のフェイスブック記事をご参照ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 新見準平バリトンリサイタル~冬の旅を歌う

    Excerpt: 福岡県出身、大分県立芸術緑丘高校音楽科ピアノ専攻、 東京芸術大学音楽学部声楽科卒業、同大学院音楽研究科修士課程修了。 という肩書きはおいて、バリトン歌手「新見準平」さんのリサイタルがある。 Weblog: つり・うた・たま~釣り・合唱・野球を神器として racked: 2013-06-29 23:54
  • 第九を歌う~鳴門の第九、609人の歌声(その2)~5月30日-6月1日

    Excerpt: 5月30日午後、リハーサルの前に表彰式などがあった。 全国からの参加団体、個人が表彰され、、感謝状が渡された。   (全日本「第九を歌う会」連合会会長・鳴門市長 泉 理彦氏)          .. Weblog: つり・うた・たま~釣り・合唱・野球を神器として racked: 2014-06-29 21:49