キス釣り~ちょい投げ、また楽し!

画像

日出町大神の深江港への途中、ナノハナを見つけた。

通りがかりの小学生3人組にモデルを要請した。
画像
画像



キスはキスでもお魚のキス。

「やせぎす」という言葉もあるとおるりすらっとしていて、綺麗なお魚!

ただ、姿に似ず、「引きは強烈」と言ってもいい。
竿先に出る当たりはそれこそググッ、グルグルとかはっきりしている。
柔らかい竿だと穂先をそれこそ50cm位引き込みびっくりする事もある。
従って「合わせの」タイミングも比較的取りやすい、
いうなれば、釣りやすいといってもいい魚である。

針掛かりしてからも竿先をゆらす力が大きいから
釣り味を堪能できる。

かといって、なめてかかると、餌だけ盗られた釣り針が上がってくることもしばしば。

そこで釣り師はいかに上手に釣ろうか、
たかがキス釣り、されどキス釣り、と
はまるのである。

そのうちの一人が、かくいう、私である。

と書き出したらきりがないので、この辺りで止めておく。

画像
画像
画像

4月11日 午後1時過ぎ、日出町大神の深江港で今年初めての竿出し。
キスの季節にはまだ早いのでは、と危惧しながらも堤防に行った。
画像
画像
(日が照っているのだが空ははっきりしない、春霞の影響だ)
この時期に釣りに行った理由二つ。
1).今年初めての釣り。
  寒い間、抑えていた釣り行きの欲望とタイミングを計っていたが
  暖かい日になったので押さえが効かなくなったため。

2).昨年末に新しい釣り竿(ルアーロッド)とリールを仕入れたこと。
  店じまいという文字に釣られていった店で、初めてのルアーロッドを買った。
  あわせて、それにあうリール、ライインを買ったのだが、
  それのテストを兼ねた。
画像

そんなことは置いて、釣り上げたキスは17尾(小々2尾含む)。

家人--なんでそんな小さいのも持って帰ったの?!
         (詰問に近い言葉が飛んできた)

筆者--小さいキスは一度釣り上げると海に戻しても生き続けるのが難しい
      これまでの経験からいえるので、食べて供養、と持って帰った!

家人--!?

翌日の夕食にはキスのてんぷら、骨のカラアゲで並ぶ筈。

これまでのキス釣りの記録はこちらをご覧ください!
http://100311042107.at.webry.info/201308/article_2.html
http://100311042107.at.webry.info/201309/article_2.html
http://100311042107.at.webry.info/201209/article_3.html
http://100311042107.at.webry.info/201207/article_4.html


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • キスの船釣り

    Excerpt: 4月30日 日出町のYさんの船に便乗してキスを狙った。 5時30分、予定通りの出船となった。   Yさんにとっては今年初めてのキス狙い、試し釣りなのだが こちらは試し釣りでも何でも良いからという.. Weblog: つり・うた・たま~釣り・合唱・野球を神器として racked: 2014-05-06 00:31