花の姿Ⅰ~昼と夜のボタン桜

ボタン桜の花はほぼ終わった。

サクラの花びらは五枚から百数十枚までさまざまであり、
多くのものが白から桃色である。

花弁が五枚までのものを一重、
五枚から十枚のものを半八重、
十枚以上の花弁をもつものを八重と言うようで、
通称ボタン桜といわれている。

先ず、夜のボタン桜を撮影(4月23日)した。

我が家から1丁西の広い御幸通りと富士見通りの交差点近く。
画像
画像
画像
画像
                            歩道に散った花びら
画像
画像
画像
画像
画像
      夜のボタン桜から昼間のボタン桜へ(撮影4月25日)
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

昼の顔、夜の顔はそれぞれ違って見える。

しっとりとして妖艶な夜のボタン桜。

明るくて豊満な昼の顔。

御幸通りの街路樹としてのボタン桜は富士見通りから北方向へ境川までの
両サイドに植えられている。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック