サボリ・ウオーキングの言い訳~その原因

画像
画像

背筋を伸ばして、脚を伸ばして、さっさ、と歩く。

ウオーキングをしている、
と書くとさも運動している様に聞こえる。

健康留意で良いことをしていると思われるだろう。

それはそれで良いのだが、
やっている本人が自分の歩く姿を見ることが出来れば
なんと、情けない、へなちょこ歩きを??している姿にがっかりするだろう。
画像
画像

やや前屈み、
膝が伸びていない、
歩幅が小さい、
スピードがない、
長い距離を歩けない--


「ないないづくし」の私のウオーキング。


このところ、夜の雨にでばなをくじかれることが多い。

カッパを着てまで歩く意地は持ち合わせていない。



あながち、加齢だけが原因ではないと思っている。
腰の狭窄症、膝の半月板損傷も影響している。

ただ、ただ、身体の不具合だけでなく、

自分の気の持ち方にサボリの大きな原因がある。

雨が降るから止めた、少し熱いから、寒いから止めた--
これは気持そのものの問題に他ならない。

トレーニングだって、少し身体に負担がかかる位が効果があるとか。

1kmの距離を少し伸ばすようにしよう。

少しの上り、下りのルートといえば、市内を東西の方向に歩けばいい!

とはいうものの、本日は久しぶりのウオーキング。

光反射タスキを肩からかけ、懐中電灯を持って歩いたのだが

いつもの水平距離 1km. これが当面、私のウオーキング。

明日は100m距離を伸ばそう!







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック