ウオーキング中に見た変化

少し変化をつけようと、本日(13日)20:30過ぎから歩いた。

私の脚だとせいぜい1kmの距離なのだが、只の「歩き」より

意味を持たせた「ウオーキング」と言う言葉を使うことにしている。

これまでも何度も書いたが、我が家から南北の方向に歩く。
東西に歩くと、高低があるので、ほぼ水平になっている道を選ぶのは
足腰への負担を軽くするため。

特に市内(別府)は東西が結構勾配がある。
自転車があまり はやらない(>_<)理由だという人もいる。


しばらくさぼっていたので分からなかったが、
稲が伸びているのを見た。
画像
       (写真は6月9日の稲)
凡そ50cm近くになっていた。



道路際の新築の家にオープンテラスが新しく作られていた。

それだけで、家全体の雰囲気ががらっと変わるものだ。


ただ歩くだけでなく、あちこちを見ながらのウオーキングする。


いつものところ(溝の蓋の上)に白黒まだらのネコがいた。
懐中電灯で照らしても知らん顔をしている。
画像


往復の間に5人と挨拶を交わす。

さすがにネコと違う。
画像

なぜか今日は、顔を見ながら「こんばんは!」とはっきりした声を出した。
そうすると相手の方もこちらを見ての返事が帰って来た。


この時間帯、風呂(温泉)に来る人が多い。

湯ッタリと温泉に浸かって1日の疲れを取る時間帯でもあるようだ。


私も家に帰り着いたらウオーキングの汗を流そう。

PS:我が家の風呂は溫泉ではないのがいささか残念!
  ただ、「24時間風呂」なので、好きな時に入ることが出来るのが良い。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック