転ばぬ先の杖~を使ってみる  a

「転ばぬ先の杖」にはものの例えにも使われる意味もある。

先を予測して、危険を察知して、用心する、準備する--

安心の意味が大きいようだ。


とはいうものの、本日は実際に杖という物体を
本来の用途に絞って話を起こす。
えらく回りくどく話したが、
実際に杖を突いて歩いた、
いやウオーキングをしたという単純な話。
画像

23時まえ、光反射タスキをつけ、懐中電灯を左手にした。
杖は右手に持った。

家から北へ片道500M、平坦な道路を往復した。
500×2=1000M。
つまり1KM(キロメーター)のウオーキング。

1KMがウオーキングだ、と~~言わないでほしい。


現在私の脚はこの程度の歩きに耐えるのが精一杯。

徐々に伸ばしていこうと思っている。

思い立って、先日から、杖を使うことにした。

脚への負担が大幅に軽減される、というデータを信じて-。

使ってみると、確かに楽だった。

背筋を伸ばすのも楽。
呼吸を整えるも楽。
早足とまでは行かないまでも、以外にすっ、すっと脚が出た。

良いことずくめ。

それに、時間帯からして知り合いに遭遇する可能性も低い。
杖を突いて歩いている姿をあまり人に見せたくはないし--。

当面、このスタイルで「ウオーキング」を続けようと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック