釣り 鰺 アジ サンバソウも舞う、カワハギも

12月19日(水) 13:30出港

アジの食いが悪く3時間ほど当たりなし。

暇つぶしに,タグボートに導かれて入港する貨物船を撮影。
画像

画像

ポイント変えを3回。
船だから、錨をあげおろしの繰り返し。

風と潮のぐあいをみてポイントを目指すのだが
素人ではかなり離れた所に打つ錨の操作がむつかしい。

風に加えて潮の動きを読むのが重要だが、

我らがKちゃんはそこはお手の物。

とはいうものの慎重に作業を行っていた。
画像

画像
   何時ものカモメだろうか?すぐそばまで来る!

最初の獲物はサンバソウ(石鯛の稚魚)()。

Kちゃんにも同じサンバソウ。

ひらひら(?)と舞ながら上がってきた--


それでも最後のポイントはほんの数メートル動かして当てた。

大きくしなる釣り竿に期待がかかる。
上がってきたのは大きなカワハギ(当地ではハゲ)。
欲目で40cm。
こんな大物は初めてだった。


途端に、肝と薄造り(フグ刺し状)の刺身が頭に浮かんだ 。
画像

最後はアジが来た。
そのあとサバ(20cm位)が8本のサビキに全部食いついて上がってきた。
サバの襲来のあとはゼンゴ(小ぶりのアジ)。

ここで、Kちゃんが色めきだった。
小ぶりのアジが上がり出すと
ブリの期待が持てるのだと。

早速仕掛けをいれた様子を見たが最後までブリが竿を揺らすことはなかった。

翌日の夕食は勿論、ハゲ刺し、ハゲ煮付け、ハゲお清まし。
それにサバの南蛮漬け。
アジの南蛮漬けはご近所にお裾分け。
アジの塩焼きは娘の胃袋へ。
画像
画像
画像
画像

海の幸に大感謝!

K ちゃんに感謝!!


(註)
サンバソウについては
ウイキペディアと楽天の資料を参考にしています。

**三番叟  サンバソウ 石鯛について**

出典:ウイキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E7%95%AA%E5%8F%9F


三番叟(さんばそう)は、日本の伝統芸能。
式三番(能の翁)で、翁の舞に続いて舞う役、
あるいはその舞事。能楽では狂言役者が演ずる。


出典:Rakuten
サンバソウの身は筋肉質が非常に多い為、
塩焼は釣れてすぐのものを焼くと反り返ってしまうので、
少し寝かせてから焼くといいでしょう。

振り塩をして焼くと身が締まり、
魚とは少し違う鶏肉のような食感となります。
甘みがあり、香りが高いので塩をふらないで焼き上げて、
しょうゆで食べるのもまた美味です。

煮付け
サンバソウは魚独特の磯の香りが強めなので、
しょうがとお酒を多めに入た醤油とみりん、
砂糖、のタレで煮ていくと臭みが消え、上品な身ながらも
しっとりとした甘味を味わうことができます。

漁師さんの基本的な食べ方は刺身か煮るかが多く、
このようなしょうゆ味の煮つけはご飯にも好相性で、
何よりも魚を丸ごと無駄なく食べられるのでおすすめです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック