さあ、歩きましょう!  ノルディックウォーキング 1回 50円の健康法

画像
       2019年4月17日(水) 10:15。
3年くらい前にウオーキングの補助に、とポールを仕入れたことを思い出しました。このところ全く使っていなかったので有効活用と若干の健康志向もあって、ノルディックウォークの教室に参加してみました。
画像

画像

事前のストレッチを入念に行って、いざ、ウオーク!
別府公園内を一廻り、二廻り--。

私は一廻り目の途中からショートカットしてスタート地点に。

* フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると

「ノルディックウォーキングは、
2本のポール(ストック)を使って歩行運動を補助し、
運動効果をより増強する
フィットネスエクササイズの一種である。

もとは、クロスカントリーの選手が、
夏の間の体力維持・強化トレーニングとして、
ストックと靴で積雪のない山野を
歩き回ったのがはじまりである。」

とありますね。

もう少し詳しくみると
「北欧ではスキーウォーキング、ポールウォーキング、
フィットネスウォーキングとも呼ばれる。
日本国内ではポールを突いて後方に押し出して
推進力にするものをノルディックウォーキング、
前方に突いて歩行を補助するものをポールウォーキングや
ノルディックウォークと呼び、
ポールウォーキングやノルディックウォークは
本来のノルディックウォーキングとは区別される。 」

との説明があります。
画像
         (イメージです。)
さらに
「オフシーズンのスキートレーニングとして始まった。
ポールを持って丘を歩くという方法が確立して
北欧のスキーヤー達は
1年中トレーニングができるようになった。」
とも。

また、
「運動もトレッキング程のハードさもなく、
比較的緩やかな山野などで、
フィットネス運動を主な目的として行われる」
「また、ノルディックウォーキングで使用するポールには
下肢への負担を減らす役割もあり、北欧では
老若男女誰でも親しめるスポーツレクリエーションとなった。」
との解説もあるように
多くの人が比較的簡単に取り組めるもだを思いますし、
なんといっても自分の足で歩く、動く、という楽しさも
見つけ出すことが出来ると思いますね。

その意味で私も参加しています。

別府公園でのノルディックウォーク健康教室は
月一ですが、我が家からは近いし、
それこそ毎日でも(いえ、それは無理ですが)、
別府公園内を季節の花などを見ながら
自分のペースで歩いてみようという気持ちになっています。

PS:
 指導員のWさんは昔からの知り合いだった。
 歌(合唱)の関係ではない場所での出会に驚いた。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック