ストロベリームーン 赤みがかった月 6月の満月

画像
(2019年6月17日 24:00 自宅の二階のベランダから)

ウィキペディアによると:
アメリカのある部族の間では
昔の生活の中で野生の木の実や種子などを
採集する生活をおくっていたことから、
その時に採れるものを月の呼び名としたんだとか。
イチゴが採れる時期に昇る月を
ストローベリームーンと呼んだという。

ヨーロッパではハニームーン、ミードムーン、フルローズムーンと
よんでいるところがあるそうです。
画像

日本では「赤みがかって見える満月」ということが多いとか。

ただ、イチゴのような鮮やかな赤やピンクに見えるわけではなくて、赤みや黄色みがかって見える程度だ、との解説文があります。

確かに目で見ても、写真に撮っても
イチゴのイメージではありませんが
なんとなく赤みを感じられる様ですね。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年06月18日 03:33
月の呼び名のお話
私も昨日ネットで初めて知りました。
ストロベリームーン
味わい深いお月さまですね。
お写真もすてきです。
だいぶつ
2019年06月18日 11:11
私のブログへご訪問頂きいただき
有り難うございます。

「なんとかの月」と聴きますと、
それこそなんとなくカメラを向けます。

光学50倍の望遠レンスでは
なかなかクレーターが望めません。

しかし、お月様はお月様--。
その時々の表情を見せてくれます。

この記事へのトラックバック