猿田彦男声合唱団 竹田公演~グランツたけた

平成30年12月23日(日) 15:00 竹田市総合文化ホール(グランツたけた)の演奏に行った。 旧竹田文化会館が、老朽化と平成24年の九州北部豪雨災害による洪水の影響で使えなくなっていたが、立て替えの結果、新しい総合文化ホール「グランツたけた」が完成した(平成30年3月)。   当日の写真を撮り損じたので、 メールマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釣り 鰺 アジ サンバソウも舞う、カワハギも

12月19日(水) 13:30出港 アジの食いが悪く3時間ほど当たりなし。 暇つぶしに,タグボートに導かれて入港する貨物船を撮影。 ポイント変えを3回。 船だから、錨をあげおろしの繰り返し。 風と潮のぐあいをみてポイントを目指すのだが 素人ではかなり離れた所に打つ錨の操作がむつかしい。 風に加えて潮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大分第九 第42回演奏会 平成30年 年末

2018年12月16日(日曜日)JR大分駅前のイルミネーション。 年末恒例の大分第九を歌う会の公演に参加した。 私は2年間のブランクをおいて大分第九は39回目。 2018年12月16日(日曜日) 17:00開演 iitiko 総合文化センター・グランシアター。 42回目を迎えた「大分第九の夕べ」   平成11年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

季節の贈り物 ダイコン 大根 青首大根

来た!  J.T.さんからの季節の贈り物。 私は近くのJ.T.さんの菜園の様子を見ながら 行き来していることが多い。 その菜園には季節のものが植わっている。 今、日ごと大きくなっていく大根に冬を感じる。 本日、昼過ぎ、その大根が我が家の玄関に来た。 抜きたてだから、土がそのまま付いている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018(別府)市民コンサート オーケストラとコーラス

2018年12月9日 14:00~ 別府ビーコンプラザ・フィルハーモニアホールで オーケストラと合唱のコンサートが行われた。 当日のプリグラムは 指揮者 オーケストラと合唱   別府市民フィルハーモニア管弦楽団   混声合唱団 歌輪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黄葉 紅葉 大学キャンパス の色と「第九」の練習

2018年12月2日。 大分県立芸術文化短期大学のキャンパス。 この日は大分第九を歌う会の本番前最後の練習日。 練習日には受付のボランティア、 それに大学内駐車場へのガイド役に 沢山の人が参加している。 ご苦労様です!! 本番まで2週間。 スケジュールに従って入念に練習を行う。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

黒髪を切る 後生に伝える へアドネーション

歌仲間、といってもソリストで活躍するKさん。 いっぽうの私はコーラスメンバー。 そのKさんが3年間伸ばしていた黒髪を切った。 最長は41cmあったそうです。 ヘアドネーションと言う活動があることをKさんから聞いた。 「ヘアドネーション」とは、癌や白血病、先天性の無毛症、不慮の事故などにより髪の毛を失った子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カレンダー最後の一枚 画家の最後の一葉 

今日は12月1日。 カレンダーは最後の一枚になった。 こころなしか、世間が慌ただしくなった。 昨日の11月30日、近くの銀行は混み合った。 その中の一人に自分がいた。 ふと、アメリカの小説家の作品を思い出した。 学生時代、一般教養の「英語」の学習の中で 原書で数編を読んだ内の一つ。 おっとっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国民文化祭、全国障害者芸術・文化祭/大分のフィナーレ

各所で配られたティッシュ。 私が所属する男声合唱団・豊声会と 女声合唱団・エリカフラウエンコールが 混声合唱で「大分賛歌」を歌うことになった。 フィナーレステージのそれこそフィナーレ--。 豊声会のメンバーは女声と組んでやることには殆ど未経験。 エリカさんと合同練習すること3度! 2018年11…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

干し柿とひなたぼっこ

「日向ぼっこ」が恋しくなった季節! 日だまりに新聞、雑誌などの読み物を手にしたお年寄り。 猫と一緒にお日様に当たるおばあちゃん。 そんな情景が頭に浮かんでくる。 また、アメリカ映画の西部劇などに 似たような情景が出てきたのを思い出す。 木枯らし1号が吹いたのかな?? *11月の初めに干した柿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イチジク 無花果

上記のイラスト付カレンダーを10月中、見続けた(註)。 かなり前まで、庭に無花果の木があった。 毎年、季節には大きな果実を着けていた。 その後、義妹の家に引き取って貰った。 毎年、その樹が果実をつけていて 家人が時々、お裾分けして貰っていた。 ただ、最近、樹の勢いが弱ったらしく、 このと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オペラの祭典~国民文化祭・おおいた2018 全国障害者芸術・文化祭大分大会

2018年10月から11月25日まで、大分県内で文化祭が催されている。私も参加している「オペラの祭典」がいよいよ11月17日(土)に迫ってきた。 私が参加するのは第二部のガラコンサートの中の合唱。         合唱団 ステージ衣装のコーラス(シニア組?) 11月11日(日)に指揮者による合唱の練習があった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の誕生日 感動のハッピーバースデーに! 

2018年11月4日のマーラーの復活公演の楽屋。 テノールの控えの間にフェースブック仲間がいた。 「今日お誕生日ですね、お目出度うございます!」と声を掛けられた。 他のメンバーの視線が私に集中した。 合唱指導の新見準平先生がそれを聞いて、 「ハッピーバースデー ツー ユー」と歌いはじめ、 皆さんが唱和して呉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「復活」を歌った誕生日 マーラーの交響曲第二番「復活」公演に合唱参加

2018年11月4日 13時 開演. iichiko総合文化センター. グランシアター オーケストラと合唱の祭典 第一部 青少年の部 曲目 佐藤 眞(大木惇夫 詞) カンタータ『土の歌』より「大地讃頌」 シベリウス 交響詩「フィンランディア」 W.A.モーツァルト アイネ・クライネ・ナハトムジ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

カキ しぶがき  柿を吊す 干し柿を作る

行きつけの八百屋さんから渋柿の入荷の連絡があった。 10月中旬頃から依頼していた柿なのです。 (大 46個 千円) 家人が40個の皮を剥く約1時間。 吊すのに私が加わる約30分。 吊るし紐をどのように組むか毎年頭をひねる。 今年は一本の紐に4個付けることにした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九酔渓の紅葉--友あり~防府より来る また 楽しからずや(有朋自防府来 不亦楽) その2

七夕ではないがほぼ一年に一度K.K.氏に会っている。 学生時代からだから相当に長~い付き合いに違いない。       【道の駅 ゆふいん から見た由布岳】  平成30年10月30日。  九州横断道路「やまなみハイウェイ」を飯田高原へ。    朝日台から「九酔渓」を目指して下って行く。  山の紅(黄)葉具合は今一か。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九重”夢”大吊橋を渡る

資料を見て驚いた--。 つい最近出来たとばかり思っていた九重”夢”大吊橋。 何と12年前に出来ていたのですね。 遅まきながら初めて九重”夢”大吊橋を渡った。 *なんとも寝ぼけた話しですが-- 別府から九州横断道路(やまなみハイウェイ)経由。   ここのファームのアイスクリームが美味しかった!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美術館でクラシックギター  おしゃべりソリスタ音散歩

大分市美術館でクラシックギターのコンサート。 美術館で音楽会というコンセプトで11月まで組まれている。入場料無料で色んな音楽演奏が楽しめるから有り難い企画だと思う。 今日はおしゃべりソリスタというグループのギター演奏。 曲目はまずトリオで デゥオで 再びトリオで PS:おしゃべりソリスタのこの後決まっているス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月 満月 10月 秋の名月

10月24日。秋の名月。. 今月は満月の瞬間が25日の1時45分になります。 ただ、今夜(24日)の月がより真ん丸にみえます。 満月を含む日を満月とする緩やかな定義があるそうです。    (撮影2018/10/24 21:46 元小学校校庭)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グレイヘヤーのスタイル 白髪と黒髪

              (写真はイメージです) 本日、床屋へ行った。 男の場合、頭髪、髭などをあたる調髪業務が理髪店。 家にはない大きな鏡の前に腰掛けた自分を見た。 まず、顔を注視するとはいうものの、 頭全体、大きな鏡に映る姿全体を見て 今の自分を観察する。 普段はしないことだから、余計に注視する自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more