テーマ:

新元号発表 春の日光浴 ヤマザクラ 高崎山 モッコウバラ

平成31年4月1日 昼前  政府から新元号が「令和(れいわ)」となると発表があった。 万葉集からの出典--「梅花(うめのはな)の歌」の「初春令月、気淑風和」(初春の令月にして、気淑(よ)く風和(やわら)ぎ」--からの引用とのこと。 令和元年5月1日、皇太子さまの新天皇即位に合わせて元号が改まる。 15:00 街中の我が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

前庭の沈丁花 ジンチョウゲ  花の香り

車庫に入れた車から下りると漂ってくる良い香り。 そして夜目にも写るジンチョウゲの白。 この時期の楽しみの一つです。 沈丁花といえば花(正式には アジサイなどとおなじく「がく」なのですが) の香りが知られていますね。 我が家のそれは 葉に斑(まだら)が入っているのです。 葉の外側に斑が入っているものを 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭に メジロ 沈丁花

  今年はミカンの設置?が遅れたせいか メジロが庭に来た期間が短かった。 例年、サクランボの花が開き始める前には 声を聞くことができていた。   声を聞いてミカンを買いに店に走る。 次の日、早速メジロがミカンをつついていた。 今年の沈丁花は8個の花をつけた。 確か昨年は10個だった。 植え替え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

向こう三軒夏みかん 旬の甘夏  ミカン

今年もたわわに実をつけた甘夏。 2週間前に40個近く収穫したがまだ木に残っている。 ただ、樹木そのものが大きく上に延びたため その甘夏の木から収穫するのは結構大変だ。 高枝切り鋏を使うのだが、 木の下からでは実に採りにくい。 三脚を使う羽目になるが、これは安定性を欠く。 庭師が使う本格的な三脚ではないから仕方がないのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼岸のぼた餅 は 半殺し! 

墓参り行った。 徒歩で10分位の位置にあるから近い。 それでも、車で行く。 バケツ、草刈り鎌を持って行くのに車が便利だ。 線香やローソクを上げ、花も供える。 今年は、最初に長女夫婦、次に次女、その次に家人、最後に私、という具合にバラバラに日時をずらしてお参りした。 それぞれの家が墓地には近いところにはある。 彼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サクランボの花  サクラ

今日辺りは終焉に近づいたサクランボの花。 先月、庭の剪定をした(依頼してやって貰った)とき、 二つに分かれていた部分を切って貰った。 全体としてほぼ半分になったが 残ったサクランボの木に綺麗な花が咲いた。 5月には可愛い「赤い実」が成るのですが、 そのときは野鳥との「実」の取り合いになりそう。 PS: …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沈丁花 斑(まだら)入り沈丁花 葉に特徴

例年玄関横の前庭にこの時期花を着けます。 沈丁花というと、香りが独特なのですが この花は斑(まだら)入り沈丁花と呼ばれている種類で葉に特徴があります。 以下の記事は 植物にまつわる困りごとを解決し、花や木、野菜をもっと手軽に楽しんでもらうお手伝いをするHORTI(ホルティ)というウェブメディアの資料によります。 草…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

サイタ サイタ サクラが咲いた 河津ザクラ

先日庭木の剪定をしたあと、狭い庭は少し広くなった感じ。早く言えば自分の頭を3分狩りくらいにまで散髪した跡も似ている。その中で、5年前に購入した河津ザクラ2本が凡そ2m近くにまで枝を伸ばしている。 見ると花が2輪ついていた。 庭師さんも花はこれからだから、剪定は先の事にしたらとアドバイスがあった。 *サクラ切るバカ、ウメ切らぬバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴァイオリン リサイタル~有働里音さん/彼岸のヨモギ餅

3月20日(日) 大分市の県医師会館でヴァイオリン演奏会があった。 歌仲間のOさんのお孫さんということでの案内だった。 有働里音(うどうりおん)さんは現在東京都立総合芸術高校1年在学中。5歳のときから清水高師氏に師事してきたという。これまでに多くのコンクールなどで優秀な成績を修めていて、すごい受賞歴をお持ちのお嬢さん。演奏曲目は次の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たらの芽 シイタケ 天然

元・野球仲間のYNさんが「たらの芽」と生シイタケを持ってきてくれた。 2月のはじめに「蕗の薹」。 季節の味を賞味できる贅沢はなんともいえない。 いつもいつもありがとうございます。 我が家での「たらの芽」はほぼ天ぷらになる。 揚げだちが一番。 椎茸は、かなり前にホダ木を藪にほうっておいた場所を探して シイタケを見つけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭に咲いたこの季節の花

4月中旬の庭の花。 下り坂の白椿。 クリスマスローズは地味に下を向いている。 今年初めて気が付いた月桂樹の花。 4本の花芽がでた君子蘭。 モッコウバラは3部咲き。 ルピナス(買ってきた鉢植えの花) アマリリスは青い芽が出て来た。        *******本の紹介*******       詳細はこちらを {%下降…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンサート~四季を奏でるいろいろな音(を)楽(しむ)会

4月5日 大分県音楽団体協議会定期演奏会が開かれた。 何でも21回目というからかなり歴史を持っている団体の コンサートといえる。 私も、過去にかなりの回数聴きにいったコンサートだ。 タイトルの通り、いろんな音楽を聴くことが出来るので面白い。 ハモニカのアンサンブル、続いてボサノバのトリオ。 3番目は混声合唱団「み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釣り~メバルは春告げ魚~釣って良し,食して良し

メバルは漢字をあてると眼張、鮴、眼張魚 となるようですね。 春告げ魚(はるつげうお)は雅称。 4月1日 日出町のYAさんの船で沖に出た。 船からのメバル釣りは今回で2度目。 小雨交じり、海上は靄がかっていた。 YAさんも私も、竿をそれぞれ2本使った。 一本にサビキの仕掛け。 一本にキビナゴ、コウナゴの餌を付けた…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

一番乗り~モッコーバラ一輪

急に蕾が大きくなった。 これからの季節を彩るモッコーバラだが、 何故か、一輪だけ咲いてしまった。 周りは一応蕾とおぼしき膨らみがみられるのだが。 ちなみに4年前の満開の映像 こちらは2011年4月23日撮影のもの。 なんだか一月くらい早い開花だろうか。 ちなみにその時のブログはこちらから。 ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人並みなこと~恵方巻き

恵方巻きを食べることは、今のご時世、ある程度人並みなことらしい。 人並みなことを人並みでない方法でしようと考えた。 偉そうなことを言ったが、なんてことはないその方法は-- 恵方巻きを食べる習慣があったのは関西だとか。 商売繁盛に絡めただとか諸説紛々とでもいえるようだ。 コマーシャルズムに乗っかって全国区(?)になっ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ウド、タラノメ、タケノコ~季節の頂き物~山菜

このところ3日続きで山菜の贈り物があった。 家人の友人から、タケノコ。 続いて昨日(16日)はウド。 これは野球仲間のYNさんから。 そして今日、先輩のNAさんからはタラノメを頂いた。 「タラノキの若芽がタラノメで、独特のコクと軽い苦味があって 、 山菜の王様と呼ばれるほど美味しい山菜」とものの本にあ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

甘夏(ミカン)の大収穫

そのむかし、ダイダイという思い出すだけでも酸っぱい夏みかんがあった。 なんと、我が家の庭に夏みかんの木が一本ある(註)。 3年前、庭木の剪定を(庭師が)したところ、 その木の日当たりが十分となった所為か、去年から沢山の実を付け始めた。 それがとても美味しいのだ。 肥料をやらなければ、とか言いながらそのままに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モッコウバラ開花宣言~我が家の庭先

当地のサクラはほぼ終わった。 サクラの開花宣言は気象台などの標準木が5~6輪咲いて初めて行われるようだが、気象台ではないが我が家のモッコウバラが5~6輪咲いたので本日宣言する。 ご存じのように、モッコウバラ(木香薔薇)は中国の中南部原産で 中国名では『木香花』。 英名は『バンクシアローズ』と言うようです。 バラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだ未熟な鳴き声のウグイス

裏庭なのか西側の隣家の庭からなのか、 姿を確認出来ないがウグイスの声がする。 勿論?この時期、完全な「ホーホケキョ」とは聞こえない。 「ホ ケキョ」「ケキョケキョ」「ホーケ」と鳴き方、音程も不安定だ。 ウグイスの完全な鳴き声は「ホーホケキョ」だと思うのだが。 それでも、日増しに上手になっていることは確かだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雛飾り~ある料亭のもてなし

今日の飾りは別府市内の四季亭 はな村 のおもてなし飾り。 こちらには 以下はお料理のピックアップ。        (前菜 黒豆白和え 錦卵 ---)      (造里 かぼすぶり あしらえ一式)      (御椀 百合根新丈 梅人参--)       (蓋物  湯葉豆腐揚げ煮 梅麩--)          (焼物 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雛飾り~歯科医院の待合室

行きつけの大分市の堀歯科医院の待合室には 現在、雛人形が二組、飾られている。 以前にも書いたが、「キーン」「がりがり」という治療する音が 待合室に聞こえてくると、落ち着がなくなる自分がいる。 治療台に乗っているわけではないが、あまり気持が良いものではない。 さりとて歯の治療はとても大事なことと分かっているだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Spring has come. 庭に来た春

花冷えする日もあるが、確実に春がやってきているのを実感する-花々。 庭の木に、玄関先のプランターの中で花が咲き始めた。 大きく花芽をふくらせているモッコウバラ。 昨年剪定したのでコンパクトになったが、 しばらくするとどのツルにも花がいっぱいに咲く。 こちらは昨年、花市で買ってきたスモモ。 80cmくらいの小さな木にも…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

河津桜 サクラが咲いた 庭のさくら

樹高1メートルといってもサクラは桜だから花が咲く。 昨年の5月にとなり町の園芸市で仕入れた河津桜は2本。 寒さの中、蕾を膨らませていたが一昨日から開花を初めた。 ただただ、数えてみるにわずか10有余だが見事サクラの花が咲いている。 どうしたことか、別の一本はまるで花のつぼみがない。 つぼみらしく見えるのは葉の芽だ。…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

梅が咲いた/サヨリを干した

2月2日は全国的に暖かい日だった。 ところによっては5月の日よりのところもあったようだ。 我が家も一日中暖かかった。 正月前から我が家の玄関を飾っている盆栽の梅が開いた。 この盆栽は毎年お正月を我が家で過ごす(?)ことになっている。 今年はいつもの盆栽ではなく違うものをTさんから預かっているが 急に今日(2日)咲いた。 少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

可愛い鯉のぼり/サクラの木

我が家の真向かいのお宅から可愛い鯉のぼり。 少し時がずれた掲載になったが、 何ともほんのりとする気分になる。 勿論、一番下の男の子の成長を願っての親ごころだ。 二日前、サクラの植樹(?)をした。 作業は一番上の屈強な孫に依頼した。 南側の庭に川越桜を2本。 1メートルに満たない木だが、花のあとに 紅い実が着いてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サクランボが熟れた~5月の庭

■ブログを始めたのが4年前のサクランボの話題から。 昨年の実の付き具合は4年前にくらべ落ち込んだ。 さらに、今年は一段と少なくなっている。 原因はいろいろと考えられるが、 まず、剪定をしていないことが大きいようだ。 なんでも、実が終わったら、剪定をした方が良い。 庭木の手入れを頼んだ時、職人さんが話していた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more