テーマ:音楽

今年も楽しめます~ビーコンプラザオペレッタ劇場の「魔笛」

今年で4年目(4回目)の別府ビーコンプラザのオペレッタ劇場。 今回はW.A.モーツアルトのオペラ「魔笛」を上演します。            (序  曲)合唱の練習は平成24年8月から始まっている。10月からは月2のペースで音取り(音楽練習)中心だったが、今年に入って動き(演技)の練習が加わった。以下の映像は2月3日、演出の…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

小川明子アルトリサイタル

1月26日(土) iichiko総合文化センター音の泉ホールでリサイタルがあった。 2ステージのプログラム出演者を紹介しておこう。 歌はアルト歌手の小川明子さん。次にピアノの山田啓明さん。 ご存じの方も多いと思うが、お二人はご夫婦です。 最初の曲はメンデルスゾーンの「歌の翼に」は馴染みのある曲。 美しい旋律を歌う洗練された声に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

連日のコンサート・紀尾井シンフォニエッタ/大分マンドリンオーケストラ/

11月5日(月) 19:00~ iichiko グランシアターの 「紀尾井シンフォニエッタ東京」大分公演に出かけた。 このプログラムは新日鐵住友株式会社大分製鉄所の 創業40周年を記念して行われた。 今年10月に新日鐵と住友金属の合併で新しい名称となった。 本日の演奏曲目は 資料によると、紀尾井シンフォニエッタ東京は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連日のコンサート・大分マンドリンオーケストラ/紀尾井シンフォニエッタ

11月4日(日) 大分マンドリンオーケストラの 第26回定期演奏会がiichio音の泉ホールであった。このオーケストラの歴史は古い。 昭和28年に「大分マンドリンサークル」として発足し、 昭和60年に「大分マンドリンオーケストラ」と名称変更し 今年で59年になるという。 アマチュアのマンドリン・オーケストラとして 県内各地で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テノール樋口達哉さんを聴く

アフタヌーンコンサートと銘打って、 国際ソロプチミスト別府が認証25周年を記念して主催した。 テノール歌手の樋口達哉さんは福島県出身。 武蔵野音楽大学大学院修了後、ミラノに留学。 7年の間に数々のコンクールで高位受賞。 1998年、ハンガリー国立歌劇場で、「ラ・ボエーム」のロドルフォ役でオペラデビュー。1999年にミラノ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛甲久美メゾソプラノリサイタル

芸術の秋、台風の秋、運動会の秋、食欲の秋-- どれを選ぶにしろ選択肢が沢山ある。 台風は向う様次第。 今年の17号も我が町には雨を少々降らしただけで過ぎていった。 9月26日、愛甲久美さんのリサイタルを聴きに行った。 愛甲さんはご自身メゾソプラノの歌手であり 県立芸術文化短期大学の准教授として 学生を指導しているのはご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巡る季節~彼岸花の歌に想う

いつもの場所に、今年も花を咲かせた。 手入れも大してしない庭に咲いた。 今年は6輪の花、そのうち2本はまだ蕾だ。         (撮影 9月25日 午後5時) 北原白秋にこんな詩がある。 GONSHAN.(ゴンシャン). GONSHAN..何処へゆく 赤い御墓(おはか)の曼珠沙華(ひがんばな)、 曼珠沙華、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルテヴィーヴァ~ある総合芸術グループの公演

5年目となる今年も、アルテヴィーヴァの公演が 県内3ヶ所で開催された。 3部構成となっている。 第一部。 子ども対象の音楽、美術、ダンスワークショップでは 国内外で活躍する芸術家による直接の指導の下で 生の芸術に目で、耳で、心で感じてもらう。 そして、子どもたちの中にある感性を存分に発揮し、 それを大勢の観客の前で発表す…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

関 純子ソプラノリサイタル~テーマは「愛」

ソプラノの関 純子さんのリサイタルが開かれる。 「愛」をテーマに歌う!     ゲストは愛甲久美さん(メッツォソプラノ)。    ピアノは佐藤リエさん。      曲 目      幕間の挨拶をする関純子さん リサイタル終了後、愛甲久美さん(左)と。 【CD】ショパン・ピアノリサイタル関本昌平 [ALCD-…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

男だらけの夜~Men's Concert=ゲストに持木弘氏を迎えて

タイトルが気に入りました! 「男だらけの夜」 チケットを購入しました。 出演者(藤原歌劇団のテノール 持木弘さん) ピアニスト 演奏曲目 男だらけの歌の合唱は「故郷」/「フニクリフニクラ」 教会のドーム内の響きもさることながら それぞれの持つ声に圧倒されたコンサートだった。     …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なるとの第九(「鳴門」と「第九」の間に”の”が入る)

今年も鳴門市に全国から第九を歌う人が集まった。 2012/6/4 10:02 徳島新聞が伝えている。 「歓喜の歌、福島の団体も 鳴門で第九演奏会」  鳴門市の第31回ベートーベン「第九」交響曲演奏会(NPO法人鳴門「第九」を歌う会など主催)が3日、同市撫養町南浜の市文化会館で開かれた。東日本大震災の影響で昨年の出演を見…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

フジコ・ヘミング ピアノソロリサイタル

素晴らしいピアノリサイタルだった。 6月6日、iichiko グランシアタ-- Ingrid Fuzjko Hemmingのソロピアノ。 プログラム 圧巻は「展覧会の絵」全曲演奏 仲間のH氏のブログが詳しい。 下記のURLをクリック。 http://d.hatena.ne.jp/chichi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大分第九発会式

今年の第九が始まった。 4月22日(日) 県立芸術文化短大の音楽ホールであった。 今年は36回目。 毎年やっているから凄いことだ。 その凄いことに参加しているのからみんな凄い!! (勿論わたくしも凄い???) また、新しいスタートへ。 再会もまた、嬉しい!       (上記3枚 藤田米春氏撮影) 初参加の人も入れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オペラ・ガラコンサート

大分県立芸術文化短期大学が創立50周年記念事業を締めくくるイベントとして3月2日(金)18:30から「オペラガラコンサート」を開催されます。  このコンサートでは、ソリストとして大分市出身で第11回チャイコフスキー国際音楽コンクール声楽部門で日本人初の第1位を受賞した佐藤美枝子客員教授や本学を卒業後、日本の3大音楽コンクールを制…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オペレッタ「メリーウイドウ」

2月19日 別府市でオペレッタの公演がある。 一昨年は「こうもり」、昨年は「天国と地獄」と このところ続けてオペレッタが演奏された。 三年目の今年はレハール作曲の「メリーウイドウ」だ。 良く知られているメロディは「ヴィリアの歌」 そして「メリーウイドウ・ワルツ」でしょう。 皆さんも一度や二度は耳にしたことがおあ…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

コンサート・ぞくぞく(川瀬麻由美と門下生による10周年記念コンサート)

秋! 「ときめく心 きらめくハーモニー」 第13回大分県民芸術文化祭が開催されている。 「川瀬麻由美と門下生による10周年記念コンサート」も 参加行事の一つである 芸短のOBOGによる弦楽合奏団のメンバーとゲスト     小・中学門下生によるプレコンサートの様子 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

コンサート・ぞくぞく(今夜はオペラナイト)

秋! 「ときめく心 きらめくハーモニー」 第13回大分県民芸術文化祭が開催されている。 参加行事の一つとして おおいたオペラカンパニーの  第2回 オペラコンサートが開かれる。 題して   「今夜はオペラナイト」  プログラムは  第1部 オペラ「あまんじゃくとうりこひめ」(林光作曲)  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上田雅美・中村弘人ジョイントリサイタル

秋! 「ときめく心 きらめくハーモニー」 第13回大分県民芸術文化祭が開催される。 参加行事の一つとして 上田雅美・中村弘人さんお二人の ジョイントリサイタルが9月28日に行われた。 ソプラノの上田雅美さん テノールの中村弘人さん ピアノは星野美由紀さん プログラム前半は日本歌曲を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虫の声

何を今頃虫の話! そうおっしゃらないで下さい。 本日、昼 蝉の声を聞いたのです。 それも、私の部屋にまで届いていたのです。 お隣でもなさそうだし、かといって探す元気もないし いやいや暑い最中ですから、 聞いたと言うことだけにしましょう。 それにしても、家のまわりで聞く蝉の声は 今年は初めて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

B混記念合唱団・クールあおやま~定期演奏会

B混記念合唱団・クールあおやまが別府ビーコンプラザ・ フィルハーモニアホールで17回目のコンサート。 名称変更してからの定演回数は17回目だが、 合唱団の歴史は長い。 別府で誕生し、主に地域に根ざした活動をしている。 毎年欠かさず定期演奏会開催を続けている。 今回も、聴き応えのあるコンサートになる予感がする!…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ピアノリサイタル~伊藤実和&佐藤友佳さん

若い女性ピアニストの競演がある。 同じ大学のピアノ科で学んだ同窓生。 お二人のプロファイルは下記を参考に。 それぞれの持ち味を生かした選曲が楽しみだ。 さらに、2台のピアノでの演奏がある。 ざっと曲目を紹介しておきましょう。 ヘンデル:シャコンヌ ト長調 HWV435 メンデルスゾー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンサート~歌曲の会第17回演奏会

県内で活動している音楽家の「歌曲の会」は 17回目の演奏会を開く。 「7人の饗宴」~イタリア・ドイツを訪ねて~のタイトル 7人の方それぞれが、通常、教鞭をとりながら、 或いは音楽教室を主宰しながら、研鑽を積んでいる。 その歌声は聴く人のこころに深くしみ通るに違いない。 楽しみなコンサートだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野村高子・美和=ソプラノデュオ・コンサート

野村高子・美和さん母娘のコンサートのお知らせ! お二人とも、ソプラノである。 お母さんの野村高子さんはオペラのプリマドンナを 数多く演じてきた人です。 曲目は また、音楽教室を主宰されています。 さらに、複数の合唱団の指揮、指導を長く努めています。 そして、現役ばりばりのディーヴァなので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビーコンプラザオペレッタ劇場「天国と地獄」公演終了

2月27日(日)午後、 別府のビーコンプラザのフィルハーモニアホールで、 オペレッタ~天国と地獄 が上演されました。 ★昨年の「こうもり」(2010年3月21日)に続いてのオペレッタの公演となったものです。 翌日(2月28日)の大分合同新聞の記事と写真です。 コーラスは天上の女神・男神様として出演していま…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

ビーコンプラザオペレッタ劇場「天国と地獄」

2月27日(日)午後2時から別府のビーコンプラザの フィルハーモニアホールで、 オペレッタ~天国と地獄 が上演されます。 ★昨年の「こうもり」(2010年3月21日)に続いてのオペレッタの公演となります。 合唱には市民オペレッタ合唱団が出演します。 間もなく、本番です。 本日から連日本番…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

紅ダイコンの酢のものと双子のたまご

先日、近くのTさんからダイコンをいただいた。 (http://100311042107.at.webry.info/201012/article_5.html) 刻んで酢に漬けると見事な色に変わった。 味は普通の白いダイコンと余り変わらないが、 色がついただけ気分的に美味しく感じるから不思議だ。 12月11…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

コンサート情報~大分第九の夕べ

この時期、日本国内のあちこちで「第九」が歌われる。 ベ^トーベンの交響曲第九番を、あえて、歌う、といったのは合唱をする人達を中心に考えてのこと。交響楽団、ソリストを抜きにしてはあり得ないのは当然のことながら、何故か「第九」といえばコーラスと思うから不思議だ。         (指揮 秋山和慶) >(ソプラノ 佐々木典子…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

コンサート情報~打楽器アンサンブル公演

打楽器アンサンブル・シュラークのコンサート紹介。 プログラムはいきなり2対のティンパニの演奏から。 ふたりの呼吸がピッタリ、手の動きがリズムに合う。 初めて聴く2対の響きは腹にまで伝わった感じだった。 代表の永野哲さんは、元・九響の打楽器奏者で 毎年恒例の大分第九の夕べでお目に掛かっていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンサート情報~木下美穂子ソプラノリサイタル

木下美穂子さんのソプラノリサイタル。 日時:平成22年11月29日 18:30開演 場所:iichiko総合文化センターiichiko音の泉ホール 木下美穂子さんは大分県立芸術文化短期大学、 武蔵野音楽大学卒業。同大学院修了。 また、二期会オペラスタジオ修了。 日本音楽コンクール第1位、日伊声楽コンコルソ第1位な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンサート情報~宮本修「冬の旅」独唱会

宮本 修「冬の旅」独唱会 お馴染みのシューベルトの「冬の旅」全曲のリサイタル 大分県立芸術文化短期大学教授で、学生の指導、 合唱団の指導(大分県合唱連盟理事長)されている 宮本修さんがほぼ5年毎に独唱会を開いているのです。 日時 11月27日(土) 午後 2 時 開演 場所 大分県立芸術文化短期大…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more