会計監査

28日 午後 会計監査を受けた。

元勤務先のOB会の会計担当を仰せつかって6年になる。

一時期、経理部勤務という職歴からの幹事役である。
現金出納帳上の記述(取引)はほぼ2ページの行間を埋める位である。
(200名近くの年会費納入はばらばらに振り込まれてくるのを除いて)

会計を引き受けたとき、それでも処理方法を考えた--

収支計算書を作成するにはやはり複式簿記が一番だ、と。

仕訳帳を起こし、各勘定元帳を作成する。
これで報告書が一発でできあがる。

考えてみるに、2ページしかない収支取引をどうひねくり回してもたいしたことはないのである。
会計の分かる知り合いにこのことを話したら、なにそれ と一笑に付された。

何はともあれ、収支計算書に無事監査済み印をいただいて帰った。

10月の総会にかける準備が出来た。
自分にご褒美ではないが、自分にお疲れさん、と言おう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック