フランス パリ ルーブル美術館近くのラーメン店

「日本食街」規制の動き=アジア系集中、住民が懸念-パリ
(5月3日15時37分時事通信)
という、記事を見つけた。
画像


” 【パリ3日時事】日本食レストランなどアジア系店舗

の集中が進むパリ中心部のサンタンヌ通り一帯で

「なじみのパン屋や肉屋が消えてしまう」と懸念する

住民約200人が、出店規制を求める嘆願書を

市議会に提出、実態調査の実施がこのほど決まった。

欧州有数の「日本食街」として知られる同地区だが、

新たなレストラン開店が難しくなる恐れもある。

日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、フランスでは

1980年代にパリに50店ある程度だった日本料理店

がすしブームに乗って90年代後半から急増。

今や約1000店に達した。

 大半はすしと焼き鳥を組み合わせた中国・

アジア系店だが、サンタンヌ通り付近は「本物」の

ラーメンやうどん、お好み焼きの店など20以上が軒を

連ね、パリっ子にも人気がある。

 ラーメン店「ひぐま」の経営者、平田建洲さん(64)は

「お客さんの95%はフランス人。いろんな日本料理店が

そろうこの通りへ来るのを皆が楽しみにしているのに、

一方的過ぎる」と規制への動きを批判した。

 住民のロマン・アトグさん(41)も「誰が多過ぎるなど

と言うのか。日本料理店が多いのは便利で結構」と

話していた。”

なぜ、この話題を取り上げたかというと、

今年1月18日にパリ市内を歩いていて偶然に見つけた

ラーメン店がこの記事載った店だったからだ。

画像
      (サンタンヌ通りの寿司店 江戸っ子)
画像
      (寿司店の左となりのラーメン店 ひぐま)
画像

画像

画像

画像

画像
  (ラーメン、カレーライス、カツ丼など豊富なメニュー)

寿司店はラーメン店と隣り合わせで店を構えている。

そのラーメン店から出てきた日本人が話しかけてきた。

「結構重宝しているんですよ」と。

つい、珍しさにビデオカメラを回した。


動画をアップ出来ないので、静止画にした写真が

上記のものである。

画像
        (こちらは ルーブル美術館)
画像

画像
        (ルーブル美術館内部)
画像
         (モナリザ)
画像
         (ミロのヴィーナス)
画像
        (サモトラケのニケ) 



なぜその時期にパリに居合わせたかは

           別の機会にお話ししましょう。






グラン・ガラ ロシア・バレエの輝けるスターたち [DVD]
クリエイティヴ・コア

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

プジョー パリ チョコ ソルトミル 22cm
PEUGEOT (プジョー)

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

解凍して焼くだけ!パリの五ツ星ホテルの朝食フランス産冷凍ホイロ後生地 クロワッサン・ルノートル30g(195個(65個×3袋))【送料無料】冷凍パン
本物のパンのお店 セレクトパンヤ
あすらく対応は終了させていただきました。 ◆商品名 プチクロワッサン「クロワッサン・ルノートル」 ◆

楽天市場 by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック