ブログ~開設三周年

画像
事務局からの通知でブログ開設3年を確認しました。

最初の記事が庭のサクランボ、
http://100311042107.at.webry.info/200805/article_1.html
今年も、まさにその時期になっていました。

昨日、似たような記事を書きました。

季節は回る、そのままです。

最初の文章をみると、結構気張って硬い表現が
目立ちますね。

初めての経験のなせる仕業でしょうか。


しばらく、投稿を続けていくうちに、
文章に比重を置く記載方法から
少しずつ影像重視に変わって来た気がします。

というよりも、文章と影像のバランスが問題か、と。

影像の持つ情報量は、
文章のそれの比ではありません。


ただ、それだけに、影像に頼りがちな流れを
どのように按分して作り上げるか、を
いつも考慮しているのも事実です。

果たしてどのくらいの効果が出ているのか
こればかりはブログを見て頂いている方に
お尋ねしないことには、分かりません。

厳しいご批評をお寄せ下さい。
感想でも結構です。

私のこのブログにアクセスして下さった方に
多少でも、くつろいで頂けるものがあるとすれば
この上ない幸せです。


一時期、他のプロバイダーでのブログを半年ほど
書いていたときがありましたが、
もの凄い量のアダルト系のアクセスがあり
手を焼きました。


ビッグローブさんのウエブリ-・ブログに外部からの
変なアクセスが比較的少ないのは素晴らしいことです


常套句の「継続は力なり」を実感しております。

どんな理由があるにせよ、
ブログ作成を怠っているときは
それこそ覿面に、アクセス数が減ります。

人によっては短い文だとかを1日の中に
複数回アップしているのを見かけます。

いろんなやり方があって良い訳ですし、
型に拘らず、書くのも自由です。


実際にアクセスして下さっている方々をみると
当初はタイトルのみの方が多かったのですが

最近では、中身、つまり、記事ページの方が
増えています。

20110509.14:45現在で

作成したブログ数:349件。

アクセス数ブログ全体:35,371件
 トップ、月別、テーマ別ページ合計: 15,633
 記事ページ合計:19,738

書いた記事、撮った写真を
視て貰っていることなのです。

大変嬉しいことなのです。

有り難うございます!


一つ気になることは、

349件を分析してみると
タイトルの「[つり・うた・たま」=釣り・合唱・野球が
それぞれ46:46:48で140件、
と以外に少ないのです。

看板に偽り、とまでは行かなくとも
バランスが必要なテーマの選択でしょうか。

大切なお時間を割いて頂き
誠に有り難うございます。

これからも、懲りもせずに続けたいと思います。
どうか宜しくお願いします。

最近の大きな出来事!
http://100311042107.at.webry.info/201105/article_4.html
マウスピースの誂え、装着、その効果!
画像


**(評判が悪いので口回りだけの写真にしました)**

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

六尺
2011年05月10日 06:36
「ブログ開始三周年」おめでとうございます。私のブログ「閑居六尺」も2008.4からですからほぼ同じ経過をたどっております。時々同じような疑問にぶち当たるところも同じですね。私も徐々に記入回数が減ってきたのが恥ずかしく日記というタイトルを変更したこともありましたが、その分内容の充実を図っていくことを心掛けております。文章と写真について語っておりますが、私の考え方は、できるだけ文章に役立つ画像にはこだわり、文章表現は70%の語りと30%の読者想像というイメージで作成しております。(その方が内容に膨らみがますと勝手に考えております)
gooラボに「ブログ通信簿」なるものがありますが、時々診断して参考にしております。(他の人のも取り出せます)ご存じなければ試してみてはいかがでしょうか。
長くなりましたがますますのご発展を!!
私も頑張って書きます
だいぶつ
2011年05月10日 14:33
六尺さん
コメント有り難うございます。一人よりも、二人よりも--という具合に仲間が多いほど気持ちの張りも違ってきます。切磋琢磨とまで言えなくとも、彼がやってるな、こちらもやろう、という気持ちはあるものです。それぞれのやり方で、独自の視点で、個々の文章で、影像で綴る楽しい過程を続けたいものです。

この記事へのトラックバック