栗ご飯~季節の味を先取り

二日前、次女のグループが山香地区にブドウ狩りに行った。
ブドウの土産もあったが、栗拾いした、と栗を持ち込んできた。

画像
それでは栗ご飯を炊かなければ、と新栗をご飯に炊き込んだ。

栗ご飯を多めに造り長女宅にも届けた。

もちろん、我が家の分も確保して食した。
孫も食べた。
来合わせた孫の友達もうまそうに食べた。
小さな茶碗だったせいか、お代わりも--

最後は、拾ってきた次女が釜の中を綺麗に整理した。

画像

併せて、キノコを入れた汁も堪能した。

季節の味がした。

小さな幸せをかなりの人数が感じたようだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

宝塚のコーちゃん
2013年10月07日 21:15
大きな栗が入った栗ご飯本当に美味しそうですね。私達も転勤に伴い先月25日兵庫から大分に転居致しました。改めて由布、鶴見の山並みの美しさに感激しています。故郷の地で残りのサラリーマン人生を頑張りたいと思います。
だいぶつさんこれからも宜しくお願いします。
だいぶつ
2013年10月07日 21:25
お帰りなさい!久しぶりの古里の「におい」を思い出されたのではないでしょうか!目で見て、肌で感じて、においをかいで、地元のものを食べて、初めて古里へ帰ってきた、という実感が湧いてきたことでしょう。近々、直接お顔を見に伺います。

この記事へのトラックバック