別府市民交響楽団~第21回定期演奏会~ピアノ後藤秀樹氏

画像
別府市民交響楽団の第21回定期演奏会に行った。

そもそも北欧とよばれるところは、現在のデンマーク、スウェーデン、

ノルウエー、フィンランド、アイスランドをさしている。

本日は

ノルウェーのグリーク、
フィンランドのシベリウス

    の作品を取り上げている。
画像
指揮は後藤龍伸さん
画像
ピアノは後藤秀樹さん
画像
オーケストラは
画像
ジャン・シベリウス作曲「フィンランディア 作品26」で始まった。
画像

第二ステージはエドヴァルド・グリークの「ピアノ協奏曲イ短調 作品16」
ピアノは後藤秀樹さん。
画像

画像
最後はジャン・シベリウスの「交響曲第2番 ニ長調 作品43」。
画像
画像
拍手とアンコールで定期演奏会が終わった。



終了後、駆けつけた人たちの祝福を受ける後藤秀樹さん
画像

この記事へのコメント

藤田
2014年06月25日 22:09
当日は、グランシアタで大分交響楽団の演奏会があり、残念ながら別府の方には行けませんでした。

大分交響楽団のチェロトップは白沢史子さんでしたが、別府市民交響楽団のチェロトップは白沢あいりさんのようですね。

お二人とも活躍されています。

6月29日には大分チェンバーオーケストラが「フィンランディア」をやります。練習見学に行ったのですが、本番は「アリス」の練習で聴きに行けません。
だいぶつ
2014年06月25日 22:26
別府のアンケートにも書いたのですが、どうして、地元の二つのオーケストラが演奏会を同じ日に開いたのでしょうかね。

この記事へのトラックバック