アジ釣り +(プラス)

画像

五目釣りというと早く言えば何でも釣れるものを釣る、というお楽しみ釣りに主眼を置いている釣りだと解釈している。
一方、「OO釣り」(例えばタイ釣り、アユ釣りほか)という対象魚に狙いを絞った釣りもある。

従弟のKちゃんから久しぶりの電話。
5日の15時出港にOKの返信をする。

勿論、アジ釣りということでその支度、エサの手配をする。

風が少しあるが、釣りには影響なし、と船長!

潮の流れと風向きに気をつけて慎重にポントを選び投錨。

錨はポイントに直接入れるわけではないのです。
時には何十メートも先から潮(干満とその度合い)の流れと海上の風の向きなど色んな条件を考えて錨の入れる場所を決めることが 釣果を大きく左右するのです。勿論我が従弟Kちゃんも素晴らしいプロ並の腕を持つ船頭ぶり(註-アマチュアの船主です)。

竿を出したものの 竿先を揺らすのは小さなマダイ。
アジの当たりが全くない。

ほぼ一時間粘って、少しポイントを移した。

鰯雲らしきものを見つけカメラを向けた。
画像

しばらくして豆アジがサビキの針8本の殆どにぶら下がってきた。

全部外す面倒くささに閉口しながら豆アジを針から外し一尾だけ残してそのまま仕掛けを下ろした。と、途中で竿先が水中に突き込んだ。
ドラグを調整しなが慎重にやりとりしていて上がってきたのは何とチヌ(黒鯛)約800g見当)。どうも、豆アジの生きエサに食いついていたようだった。
画像

これまでにもサビキに直接掛けて釣り上げたことはかなり経験しているが生きエサを喰ったのは初めてだ。

そのうちイワシもサビキに付いてきた。

Kちゃん曰く、良い生き餌が釣れだした。
大きい魚が期待できる、と。

イワシと豆アジの付いたサビキをそのまま沈めて当たりを待つ。

ぐいっと竿先が入る。

それ来た、とKちゃん。

慎重にやり取りをして取り込んだのはセイゴ(スズキの稚魚)40cm。
稚魚でもスズキの子、エラ洗いで対抗する。
引きが強い。

しばらくは生きエサ釣りに徹しようとサビキに小魚を掛けたままで竿を上下する。
ぐぐっとと竿先が入る。今度は何だ、と慎重に巻き上げる。上がってきたのは大きめのアジ。思わぬ強い引きに驚く。

ホゴ(カサゴ)が三連チャン。
結構大きいから竿のしなりも大きい。
引きも凄い、とこちらはKちゃん。
その後もKちゃんに三連。
生き餌にサビキにと同時に食いついたようだ。
画像


アジ釣りのサビキは太仕掛けでもないので、大きな魚がかかるとやり取りが大変だ。少しでも無理をすると、ハリスを切られたりする。更に、サビキの針先を伸ばしたりして逃げていく。サビキも最後には針数が半分くらいまでになっています。勿論サビキの予備は持っているのだが、終盤になって取り替えも面倒だし、といい加減な釣りになっています。そこそこの釣果もあるので適当でいいかとなる。クーラー一杯にしなければ止めないなどという考えはさらさらない。
それでも、本日は漁獲量は少ないものの種類?が多く、恵まれた釣りだった。

サビキにカワハギ(馬面)1。サンバソウ(石鯛の子)1。クロ(メジナ)1.。カイワレ1。メバル1。アジ 少々。豆アジ少々。イワシ少々。
釣れた魚の数は各種類一尾が多いが、魚種だけ見れば11目?? 
勘定合いますか??

今夜のディナー?
 煮魚のホゴ(カサゴ)。
 塩焼きのアジ。
 他に南蛮漬けの小ダイ。


別府湾の恵みに感謝!!
Kちゃんに感謝!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

kao
2018年09月20日 08:06
先日は ありがとうございました いやぁ!! よいお写真もいただいて ありがとうございました。 ところで すごーーい 
大漁だわ !!!  早くブログ訪れておけばよかった!!! ☆ 美味しかったでしょうね 
だいぶつ
2018年09月20日 09:27
ブログへのご訪問、有り難うございます。  先日はこちらこそ、お世話掛けました。   ところで、このブログに記載した魚種の数はとても凄い事でした。 ただ、一尾というのが多かったので、二分の一という分け方が出来なかったのは仕方がないことでした。 いずれにしても海の恵みに感謝しています。

この記事へのトラックバック