日光浴と日焼け

画像
単純に「天気がいいからお日様に当たろう」
そして「太陽光によるビタミンD の生成に役立つ」という
考えのもとで天気の良い日をみて実行した。
画像

南側の3尺幅の廊下に午前中は暖かい日が射す。
椅子に腰掛け、上半身を裸にして臨む。
あまり他人には見せられない格好だが
ガラス越しだと冬にもかかわらずすこし暑くも感じる。
画像
          (イメージです)


・寒いときには日向ぼっこが良いな、という単純な動機が
「冬季うつ」だとか「骨粗鬆症」と日光浴の話しに繋がった。

「冬季うつ」
季節性感情障害について:
特別なストレスがあるわけではないにもかかわらず、特定の時期だけ気持ちが変化することを言うのだそうですね。勿論、夏場の「夏期うつ」もあり。
何でも、メラトニンとかいう神経伝達物質と日光が関係しているとか。

詳しいことは下記を参照して下さい:
https://yuik.net/man/408.html


私の受け止め方は単に「お日様にある程度当たった方が良い」。
このようなことを含めての日光浴なのですが。

いろいろと調べてみると面白いですね。

・光はいつ浴びるかより「浴びた量」が大事だとか--...
・カボチャはトリプトファンをたっぷり含んでいるので、日光浴と合わせる--
・実は冬季うつの発症に「日長」と「日照」のどちらが大事だとか-- ...



目標は1日15分!冬の日光浴の凄い効果について
・太陽光を浴びないような夜型の生活を続けると、体内時計が乱れ、時差ボケのような状態になったり慢性化すると、セロトニンの働きが鈍くなる場合があり、そうなると不眠症や睡眠障害、自律神経失調症やうつ病などの精神疾患にもつながります。

・太陽の光を浴びると、つまり、網膜から光が入ってくると、それにセロトニン神経が反応して分泌を増やします。

・太陽光を浴びると、幸せホルモンであるセロトニンが分泌されるため、うつの治療、予防に効果的なのです。

と言っています! 

出典  
https://matome.naver.jp/odai/2141810467332157501


******
日光浴はどのくらい必要? | 公益財団法人 骨粗鬆症財団
www.jpof.or.jp/prevention/sunbathing/

骨粗鬆症を予防するのに日光浴もよいといわれます。

夏なら木陰で30分、冬なら手や顔に1時間程度、
日に当たるだけでじゅうぶんです。

ビタミンDはカルシウムの吸収をよくするために、
骨をつくるうえで欠かせない成分です。
...
ガラス越しよりも、直接の日光に当たるのが良いのだとか。

あなたはどうしますか?
多少の日焼けは無視して健康と選びますか?

私はお腹に日光浴をします!!!!

ただ、私は亀のような 変温動物 ではありません

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

2019年02月13日 12:08
油断して風邪を引かれませんように。

  冬晴れに裸で挑む古希(こらいまれ)

こういった話になると調べてみたくなるのは悪い癖でしょうか。
日光に当たるのが良いとしたら、人工照明ではどうか。
人工照明と日光の違いを光のスペクトルで比較すると、白熱灯、蛍光灯、白色LEDは、
http://energychord.com/children/energy/motor/light/images/fig/light_types_5.png
のようであり、太陽光は
http://www.1023world.net/blog/wp-content/uploads/2011/03/20110309-sun-blend-led.jpg
なので、白熱灯は太陽光とはまるで異なるが、蛍光灯とLEDは太陽光と似た傾向をもっている。
しかし、蛍光灯は青色付近に深い谷があるので、LEDが最も太陽光に近い。
とすると、LEDではダメなのかということになりますが、直射日光とLEDの大きな違いは、その照度にあるようです。
LED照明での照度は普通の室内だと数百ルクスですが、日光の直射は数万ルクス以上あります。
その辺りが「日光浴」を奨められる理由かもしれません。
だいぶつ
2019年02月14日 01:00
今日も快晴だったので二階のベランダで日光浴。さすがにこの場所は通りを行く人から目に付くので、露出部分は顔面だけにしました。今以上に色が黒くなる、という心配もあったのですが、10分位、お日様を浴びました。 そうそう、戦中または戦後(?)太陽灯とかなんとかいう人工光線を浴びるのにゴーグルをかけて特別の部屋に入ったことを思い出しました。今でもその時の独特の匂い--紫外線??--も合わせて記憶の中にとどまっていますね!

この記事へのトラックバック