テーマ:

まったりお日様、春の海

4月24日 5:33 日の出 3~4分遅れて海岸へ。 お日様は水平線を離れていた。 カメラを構えたがなんだか眼の調子がおかしい。 ピントが合わない感じ。 ハンカチで目元を拭き、ついでにカメラのレンズも。 後で分かったのだが、のたりのたりの春の海でした。 霞んでいる、というほどでもないが なんだか、まったりしていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チューリップを見る(緒方)

チューリップフェスタ Ⅰ(花) 4月14日(土) 午後から豊後大野市緒方町へ。 おりからチューリップフェスタが行われていた。 特設駐車場からのシャトルバスから一面に植えられているチューリップの広大な畠をほぼ半周して下車。 まあ、ご覧下さい。 花の中で ハイ ポーズ! いわゆる典型的なチューリップの形のほか いろんな形、色…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

花の絨毯(じゅうたん)

サクラの花の盛りは言うまでもなく綺麗だ。 三日後散ったサクラの花びらの絨毯も趣がある。 ソメイヨシノのあとはヤマザクラが定番。 高崎山とそれに続く山に白いアクセントが入った。 別府公園のタケノコの種類は? F-03D ARROWS kiss・Girls用「1221 絨毯柄 白 」 特殊印刷 ケース到着後レビューを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花は観るもの、酒は勿論飲むもの

4月8日 日の入り 18:39 昼間の別府公園 花は満開 大勢の人。 さて、日の入りを前に町内有志で花見をした。 春、恒例のTさん宅の40年のサクラの下に集う会。 会費制、持ち寄り自由。 種々のつまみを前にまずは乾杯! 日の入りまでまだ一時間あるが、 花を時々観ては杯を重ね、ご馳走を食べる。 その間におし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生きる~ヒトデカズラの復活/クリスマスローズ

この写真は幾度か紹介した我が家の「ヒトデカズラ」。 5月2日に撮影したもの。 このところ新しい芽が出てきた。 というより、折れて、枯れていたように見えたのが 暖かくなったこの時期に復活したのです。 実は今年の1月15日の風雪で殆どの葉が折れて 見る影もない姿になっていたのです。         (平成2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モッコウバラ

数日前まで、モッコウバラが黄色に咲き誇っていた。 放っていおくと、何処までもツルが伸びていく。 特に我が家の庭のそれは軒下に行き止まり、 先を求めて180度曲がって元に戻り、上を目指す。 その勢いはとても凄い。 そして、2階まで伸びて花をつける。 満開となると綺麗な色と共に、良い香り出す。 今日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タラノメ

元会社の先輩のAさんから 毎年この時期タラノメを頂く。 家へ帰ると、即、天麩羅にするのがいつもの例だ。 前日頂いたタラノメが本日夕食のテーブルに出た。 ここで、いつもの悪い癖が出た。 食べ始めて、写真に撮ってないことに気づく。 箸をカメラに代えて手持ちで撮影。 残っているタラノメを冷蔵庫から引き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絆・つながり~お酒と花

秋のお月見と春の花見は欠かせない。 個人のそれもさることながら、気のあった仲間と杯を 交わすのはまた、一段と楽しい。 今年の花見もまた、町内のTさん宅のサクラが主役だ 大きなサクラ(40年位だとTさんは言っていた)が 2本毎年花を咲かせる。 挨拶の後、乾杯で宴は始まる。   今年は少し時期が遅れた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春うらら~別府公園の花々(サクラ他)

4月6日の水曜日別府公園は花見客が沢山いた。 グループで、家族で、二人でそれぞれ花を愛でていた 上の写真左上部に密を吸っている鳥が分かりますか? 近くの病院の患者さん達も車いすで来ていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定点観測の花~今はパンジーそのⅢ

まだまだ十分に寒い日もある4月初めだが、 季節には季節の動きがある。 やはり花は正直である。 近所のサクラの花がかなり開いてきた。 この桜は我が家から1丁南、Mさん宅のもの。 また、1丁西にあるTさんの桜もかなり花が見られる。 ただ、今年の花はいつもより遅れているそうだ。 いつもここで行われ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

こちらも負けずにプレーボール

第83回選抜高校野球は今日決勝が行われ 東海大相模が6―1で九州国際大付 を下し優勝した。 東海大相模はこの日も強力打線が14安打で6点。 それにしても5試合で74安打はとても凄い数だ。 これは1939年の第16回大会で愛知・東邦商が 記録した73安打を抜き、1チームでの大会最多安打…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花の絆~卒業生と町の人

地区の小学卒業生が、昨年町内に贈ってくれた花が 公民館の前に咲き続けている。 贈り物はプランター二鉢だった。 その鉢を大事に引き継いだ地区の人の面倒で 今年の春には7鉢に増えた花々が盛りになっている。 丁度今が見頃だ。 小学生の美しい心を町内の大人達が引き継いぎ 気持ちのいい春になった。 それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼岸に思う~ぼたもちとおはぎ

ぼたもちとおはぎ どちらが好きか。 片思いは止めて! 両方好きになって! 言葉は違うが同じもの。 季節によって呼び方がことなるものの同じもの。 春と秋の彼岸に いつも思い出すこと。 ぼたもち、おはぎ。 家人に受け継がれてきた手法で我が家も 春の彼岸前後にぼたもちが作られる。 我が家には神…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

サイタ サイタ サクランボの花が

これまで世界でも経験のないという東日本大震災。 亡くなられた方やご遺族に哀悼の意を表します。 また、避難生活を強いられている方々に お見舞い申しあげます。 我が家のサクランボの花はさる11日頃、 写真の様に満開になりました。 お慰めにでもなるといいのですが! 三年前、初めてのブログの載せたサクラ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more