テーマ:雑記

待合室の癒し

身体部分の痛みにはいろいろあるが、歯が痛いと感じるときはどうしようもなく我慢が出来ないものである。 時にはうんうん唸りながらの診療待つ間、一分でも早く、と願う気持ちでいっぱいなのだが、ふと待合室の一角に飾られた季節のものを見たとき、一瞬ではあるが痛みがどこかに飛んでいった感じがする。 昨日、行きつけのH歯科医院で見た雛飾り。 もっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WBC日本代表候補でマリナーズのイチロー準備着々

イチロー「決め球はスプリット」登板へ着々、とスポーツ紙に出ていた。 WBC日本代表候補でマリナーズのイチローが、神戸市内のスカイマークスタジアムで自主トレを行った。 ブルペンに入り、50球前後の投球練習。 なんでも、日本代表の原監督がタイブレークのときは、野手でも投げさせる可能性があることを示唆したとか。 これを受けてイチローは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスツリーとイルミネーションの飾りと片付け 松の内

1月8日に「松の内とはいつまでのことか」と「クリスマス・イルミネーションの片付けを行った」ということを書いた。 「松の内とは正月の松飾りのある間。元旦から7日、あるいは15日まで。 一般的には1月7日が多いようだ。」 「年末に飾った電飾も、松の内を過ぎれば、なんだか寒々しく感じるので片付けた。 いやいや、もう少し踏み込ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご利益を願って 一日遅れて食べた恵方巻

今日4日は立春。「恵方巻」を食べた。 一説には、関西では、立春の前日の節分の夜にその年の恵方に向かって太巻きをまるかじりする。 その時は目を閉じて、一言も喋らず、願い事を思い浮かべると良いことが、すなわちご利益があるという。 今年の恵方は東北東になるそうだ。 なぜ、今日なのか? 市内にとても美味しい巻き寿司を売っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結婚披露宴で歌う~いざ起て戦人よ

  「いざ起て戦人よ」という合唱曲があります。  わたくしの所属する男声合唱団では愛唱歌のひとつになっており、ことあるごとに歌います。  グラナハムの作曲、作詩は藤井泰一郎です。 いざ起て戦人よ 御旗に続け 雄々しく進みて 遅るな徒に 歌いて進めよ  歌声合わせて 潮のごとくに 正義の御神は 我らの守り 忘るな…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

環境保護はトイレから…節約呼びかけ2

「日本トイレ研究所」(東京)がトイレットペーパーの有効利用を呼びかける全国キャンペーンを始めようと、公共施設や商業施設のトイレ1000基を目標に、賛同するトイレオーナーを募っている。”(昨日のブログに書いた。)  キャンペーンへの参加は無料だが、トイレの美化に熱心で、施設や場所の公表を条件としている。問い合わせは研究所(03・35…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時差ぼけ2

時差ぼけなどあるはずがない、とこれまでかたくなに思っていた。 先日19日、10日間の旅行から帰ってからはや、一週間は過ぎたが、どうもこのところすっきりしない気分が続く。 一日の睡眠時間は8~9時間も取っているのに-- 寝過ぎだ、と一蹴されそうだが、いまいち、昼間でも眠い。 22日(木)は合唱練習、は24日の土曜日はミニバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

合掌、礼拝

本日、1月22日、元会社のI先輩の葬儀にはじめから参列した。 (昨夜の通夜には家を出るのが遅れて葬儀場に着い時にはお経は終わっていた。) 大変お世話になった方であった。会社の仕事上の先輩であったし、大学の先輩でもあった。 先輩だから、どうの、というのではなく 人としていろんなことを学ばされてきた方であった。 棺の中のお顔は安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エジプト展

去年の12月11日から 「吉村作治の新発見!エジプト展」 が大分県立芸術会館で開かれている。 あの、吉村作治調査隊が2007年に未盗掘のミイラを次々に発見。 エジプト考古学史上でも過去に例がないといわれる「夫婦ミイラ」の発掘。 さらに「親子ミイラ」の発見、という快挙をおこなった。 これらの木棺と「国立カイ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

時差ぼけ

ご無沙汰しております。 ウイーンで第九を歌い、昨夜、帰りました。 帰国途中で鼻風邪を引いたようです。 時差ボケ東京M&Y Grafix村田賢比古ユーザレビュー:自分だけが取り残され ...自分のデジャヴュを見 ...美しく刺激する私達は ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 国内・海外旅行…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

寒の入りに餅をつく

5日は小寒。 松も取れないのに餅つき?と思われるかも知れないのですが、ほぼ毎年この時期、我が家では餅をつきます。 理由は、正月前の餅が無くなってしまうことです。 なんせ、今朝も雑煮で朝食を済ませたくらいだから、餅がどんどん減っていくのです。 それに、昔と違って、家庭で簡単に餅がつける環境?ができあがっているからでもあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酒は飲むのか飲まれるのか

先日、所属する団体の忘年会があった。 例によって、挨拶、乾杯、懇談、(ゲーム)などで終始。 それにしても、大いに飲みかつ食べて、一年を振り返りつぎの年への抱負を語り合う。 ノミニケーションという古い言葉を敢えて言うならば、まさに飲むことはメンバー相互の意思の疎通に大いに役立つことは間違いありませんね。 酒好きにとって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ご導師に合わせて合掌、礼拝」の感じ方

本日、12月18日、元会社の先輩の葬儀に参列した。 突然の訃報に驚いたのは私ひとりではない。 喪主のご長男も、突然の病で亡くなった事に言葉を 失った、と挨拶された。 ふた月ほど前のOB会総会での最後の挨拶をお願い して、その「かくしゃく」とした姿が脳裏に残っていたから尚更である。 先輩のご冥福をお祈ります。 合掌! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「湯の町を歩く 」について」について

「「湯の町を歩く 」について」について 地元の我々でも、このウオークに参加して路地裏を歩けばいろんなものや新しいことを発見できそうです。 別府八湯ウオークのスケジュールなど詳細は下記のオフィシャルホームペイジを参考にしてください。 http://www.beppu-navi.jp/walk/index01.html
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「湯の町を歩く 」について

「湯の町を歩く 」について ところで、別のコースとして「ゆけむりの街・鉄輪(かんなわ)の夕暮れ散歩」というのがあります。 12月13(土) と12月14日(日)の共に午後4時からです。 湯けむりと路地の町を地元ボランティアガイドの案内で歩きます。 迫力満点の温泉、懐かしい雰囲気の路地、温かな人情味ある共同湯などを巡ります。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

湯の町を歩く 

別府といえば「温泉」、この別府温泉を訪ね宿泊する人の数は、年間400万人を超えます。 また、全国には2,000有余を数える温泉地があり、年間1億人を超える多くの人が温泉を楽しんでいます。 私たちが、ふだん気軽に利用している温泉は、泉質や効能もさまざまです。 なかでも別府は数多くの温泉が湧出していることでは日本一の温泉です。 温泉…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

{乳がん}と「ほっとマンマの日」は温泉

またまた山田泉さんのこと。 「ほっとマンマの日」というのをご存知の方もいると思います。 {乳がん}の手術をしてから温泉に入りにくくなった方が多いことから、周りの目を気にせず、ゆったりと温泉に浸かって、また患者さん同士の交流の場とし、元気に{乳がん}と付き合っていこうと、まず別府市にそのモデルが出来ました。 {乳がん}患者さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現代版 ぶつぶつ交換

11/6のタチウオ外交の続編 外交の話から。 我が家の外交官は家人であり、財務官兼任である。 もっとも、権限には少しだけ制限を設けている。 我が家の敷居をまたいだ後の処理権限として協定を結んでいる。 つまり、家に獲物を持ち帰れば、そこから先はそれこそ焼いて食おうと煮て食べようと外交に使おうと口を挟めない釣り人が私な…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

鉄腕稲尾和久の一周忌に思う

明日は元プロ野球投手・稲尾和久の一周忌である。 ご存じのように彼は偉大な記録を残した。 私たちに伝説を残した。 私たち野球愛好者に深い記憶を植え付けた。 稲尾については、自伝もあり、はたまた、映画にもなった希有な男のことを あれこれ書く積もりはないが、わずかな私とのつながりと思い出を記してみた。 彼の略歴を並べてみる…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

10月30日は「たまごかけごはんの日」

今日はなんの日というのを見ていると、10月30日は「たまごかけごはんの日」というのを見つけました。なんでも、「日本たまごかけごはん楽会」というところが2005(平成17)年のこの日に、第1回シンポジウムを開いたのきっかけだったとか。 炊きたてのご飯に新鮮な卵をのせる、という単純だが朝の食事を気分のうえで充実してくれるものですね。 「…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

魔女の箒の使い道

写真の箒(ほうき)は普通の竹ぼうきです。 最近はあまり見かけないのかな--- この時期、我が家にはなくてはならないものなのです。 写真の花(ハナセンナ=アンデスの乙女とも呼ぶそうです)に関係しているのです。 花の時期は少し過ぎましたが、まだまだ綺麗に咲いています。 俗称にふさわしい、愛らしくて、清楚な感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信号無視の容疑者を追う!ヘリと白バイ40キロ!

今朝の地元紙19面に出ていた記事に目がいきました。 白バイとヘリで40キロ追跡 信号無視の容疑で17歳の少年が27日午前10時40分ころ逮捕された。 白バイが停止を求めたのを振り切って逃走し途中信号無視で走行したバイクを白バイと県警のヘリコプターが追跡して、容疑者を道交法違反の現行犯で取り押さえた。 県都のO市から隣のI町までの約…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

119番以外のサイレン-2

11日のサイレン騒動が14日の地元紙の夕刊に掲載された。 13日も14日も臭いが発生した。 13日午前中家の中に来た臭いに反応、急ぎ柄杓とバケツを持って駆けつけた。わずかに残っている水面の油性のものを汲み上げバケツへ入れた。 夕刻、そのバケツを覗いたが臭いが消えていた。 14日昼前、臭いがしたので、急いで汲み上げた。 いま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

119番以外のサイレン

 11日の午後四時半すぎ、わが家の横を流れる幅50cmほどの川、というより溝から異臭がした。溝独特の臭いではないものだ。 あまりにもひどいので、溝を覗くと、いわゆるあぶら臭が鼻をついた。 ガソリンの揮発したような臭い、または消毒薬の様な臭い。 この溝の水量は少ししかないが、たまり場に油が浮いていて少しずつ流れていた。 実はこの臭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誕生日の電子メール

友人の誕生日に電子メールを送りました。 これまでだと、ペンで紙に書いて郵送する、という手順が普通だったと思う。 もちろん、電話とか直接会って祝いの言葉を伝えるなども大切ですが、 「書き物にして意志を伝える」という方法が大きく変わって来たのは事実ですね。 電子メールが全ての書簡に代わることは出来ないのは当然のことですが、 その手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運転中に電話している車よ、近づかないで!

先日、方向指示器を出さないで曲がる車のことを書いた。 今日は運転中に電話している車と何台もすれ違った。 最初は私が住んでいる街中、次は工事中の片側1車線の国道を走行しているとき。 信号待ちをしていて、曲がってきた車がすっと寄ってきた。 何と、次の車も同じようにカーブしてきた。 驚いたことに連続2台の運転者が共に右手に電話、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

招き猫の日

9月29日は「招き猫の日」ですってね。 招猫倶楽部が1995年に制定したそうです。 この倶楽部は、1993年に創立された全国的な招き猫の愛好家組織。 招き猫が好きな人のサークル。会員は1.000名余。 会員の住所や年齢、職業はさまざま。 なんでも、「招き猫を通じて日々の生活を少しでも楽しく愉快なものにすること」が、主な活動内容…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おはぎは半殺し

お彼岸といえば先祖の墓参り。 秋の彼岸といえば「おはぎ」。 「おはぎ」と「ぼた餅」は実は同じ物であることは、あなたもご存知のとおり。 萩の時期には「おはぎ」、牡丹の時期には「ぼた餅」ですね。 これから書くことはは私の無知加減をさらすことになるのですが-- 昨日のお中日、例によって家人が「おはぎ」をこさえた。 私は出か…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

どぜう

夏の思い出(某サプリメント製造会社へ提出したアンケートの内容を転用する) ずいぶん古い話になるが、 小学生のころ、町の中心部から少し離れると田んぼや畑が広がっていた。 夏休みの時期、田んぼは伸びた稲の葉で一面青々としてくる。 そんな田んぼに繋がる小さな水路が   当時のわれわれの遊び場でもあり、          収…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会計監査

28日 午後 会計監査を受けた。 元勤務先のOB会の会計担当を仰せつかって6年になる。 一時期、経理部勤務という職歴からの幹事役である。 現金出納帳上の記述(取引)はほぼ2ページの行間を埋める位である。 (200名近くの年会費納入はばらばらに振り込まれてくるのを除いて) 会計を引き受けたとき、それでも処理方法を考え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more