テーマ:生活

七草 異聞

昨日は正月7日。 ご馳走食べすぎ、飲みすぎのお腹を労わる「かゆ」 を通常は食べる慣わし、つまり七草粥を食べる日。 デパ地下の野菜売り場は七草一束(パック)290円位だ そうだ。ところが正規の店舗ではない臨時の店先で 「必ずしも7種類は入ってないが、ご納得の上 お買いください」という凡そ200円の品があ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

蕗の薹~もう?、松の菰巻き~まだ?

昨日、野球仲間から春を頂いた。 蕗の薹(フキノトウ)だ。 ぷん、と春一番の香りがする。 写真を見て頂くと分かるようにとても大きくて、 その上、愛らしい。 スケールを当ててみると6~7cmはある立派なもの。 食べる前にまず、当然初物として記録した。 美味しそうな、珍しい食べ物だと、まず食べた後、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

癒しのことばに癒される

私の部屋は東側の通りに面している。 換気扇を開いていると通りすがり人の声がそれとなく 聞こえてくる。 壁際の東南角に小さな苗から育てた ブーゲンビリアが今年急に元気になって大きくなって 花を咲かせ始めて2ケ月になる。 この写真に見える換気扇枠の向う側が私の部屋だ。 先ほど”本当にこの花はきれいや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月見の宴~お好み焼きと持ち寄りのご馳走

月齢18.9の月の出は20:10であった。 宴の始まりは18:00。 挨拶の後はご馳走を囲んでの宴が始まった。 我が町内恒例の秋の集い、月見の宴である。 春は花見のサクラを愛でて杯を傾け、 秋は月と団子に話が盛り上がるのが常である。 これまではこの時期、日の入り とともに急激に 気温が下がるのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食欲の秋~「えだまめ」と「まこもたけ」~旧三光村

先日の連休中に家人の友人3人が 中津市三光地区(旧三光村)に出かけた。 各人がえだまめを大きな袋いっぱい詰め込んで 帰ってきた。 車のトランクの中以外に、膝の上までの荷物を作った らしい。 さあ大変!我が家も帰宅してからのお裾分けに 相当時間を費やした。 某ラジオのニュースでも伝えられてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パン焼き名人から天才へ

我が家に新兵器  パン焼き機 登場 << 作成日時 : 2009/05/11 15:26 >> での概要は次のようだ。 ”給付金の趣旨を十分に生かした買い物をした。 その買い物はパン焼き機(ホームベーカリー)である。 以前、A先輩のお宅でご馳走になった食パンの味が 忘れられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お盆、ご先祖さま、寺のカメ

ついに64回目の終戦記念日を迎えた。 様々な行事の中継や関連番組などをテレビで見て 遠い記憶を思い出そうとした。 市内に通りの名前にもなったお寺、「西法寺」がある。(境内から見た山門。その先は港神社に通じる) 創建が永正4年(1507)という浄土真宗本願寺派の 由緒ある寺院である。 この寺院の山門…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

骨まで愛する豊のアジ・アジ寿司、吸い物、骨せんべい

その昔、「骨まで愛して」という歌があった。 ネットで調べたら、歌もさることながら、 「骨まで愛して」と謳った干物のCMが沢山出てきた。 今日のテーマも骨まで食べることにしよう。 7/24の金曜日、例によって従兄弟の船に乗った。 実は、訳ありのアジ釣りなのである。 7/26の日曜日に私が所属している合唱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏のまつり、別府の夏の宵まつりの花火

湯の町・別府の「夏の宵まつり」が23日から26日まで 市の中心部で各種イベントが繰り広げられた。  駅前通りは市民の出店「夕涼みワイワイ市」で にぎわった。 北浜の海門寺公園には、市内の飲食店主たちの 屋台村が今年も登場。 大勢の人が詰めかけた。  恒例の音頭大会は26日午後6時半、 北的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏祭り 始まる 長浜さま

[2009年07月06日 10:01](合同新聞)の記事(一部)。 ”多くの露店が並び、子どもみこしも登場してにぎわう「長浜さま」  大分市に夏祭りシーズンの訪れを告げる長浜神社(同市長浜町)の夏季大祭が5日、始まった。 浴衣姿の中高生や親子連れなどでにぎわった。7日まで。  「長浜さま」の愛称で親しまれており、初日は獅子舞の巡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日田のコーラス、ビールと小鹿田焼き

合唱祭が開かれた。 6月14日(日)日田市のパトリア日田。 県合唱連盟の主催、41回目である。 平成19年12月に新築された日田市民文化会館「パトリア日田」 パトリアとは、イタリア語で「故郷」という意味で、 誰もが気兼ねなく立ち寄れるところであってほしい という願いからつけられたそうだ。 日田ら…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

花*花 サボテンの花と石斛(せっこく)

花の写真をやり取りしているKさんからサボテンの花が 咲いたと知らせてきました。 会社の庭でいろんな花を育てているそうです。 少し前、バラの花などの写真がメールで届けられた。 有り難うございます.。               (サボテンの花) お返しに「ウコン」の花を贈った…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

巡り会い ふたたび その姿 その薫り トランペットフラワー

この一週間、夜になると空かした窓から とても良い薫りがしてくる。 ほんの少し前までは、庭から「ニオイバンマツリ」の 少し強めの薫りがしていたし、 玄関前のカボス+スダチの花がミカンに似た 薫りを振りまいていたのだが。 それにしても、車庫のすぐ横、運転席側のドアーを 開けると触りそうになる程近くに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

交通違反に 大喝/ 花 ニオイバンマツリ

大喝 昨日夕刻、O市内でのこと。 車を走らせていて、ふと、バックミラーに写った 後続車の運転席を見てびっくり。 40歳代とおぼしき女性ドライバーが 電話を掛けながら付いてきている。 気になるので、かなりの頻度でミラー越しに様子を 窺っていたがどうも様子がおかしいのである。 交差点で右折する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が家に新兵器  パン焼き機 登場

自宅のことを顧みず、この不景気を救わんと(?) 給付金の趣旨を十分に生かした買い物をした。 もっとも、お隣の町で購入をしたことで、居住地での 消費活動、という意味では少し、ずれてしまった。 その買い物はパン焼き機(ホームベーカリー)である。 実は以前、A先輩のお宅でご馳走になった 食パンの味が忘れられ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

サクランボ、甘く熟れた実の収穫は?

去年の5月、ブログ初めの記事は    サクランボの収穫と外交の話だった。 鳥よけ網をかけたため、驚くほど沢山の実が採れた。 その実を家人は近所・近辺、知り合い、親戚、 サークルと1週間にわたり、サクランボ外交を行った。 苦あれば楽あり!おいしい果実。 楽あれば苦あり!網外し。   網の目が小さな枝に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待合室の癒し 2 五月人形飾り

以前書いた(2/13)「待合室の癒し」第2弾       ナポレオン一世は、歯痛に悩まされたと言われてい たそうです。 1815年にワーテルローの戦いで連合軍に敗れた後、 幽閉されたセント・ヘレナ島で抜歯したとみられている 上あご右側の犬歯が英国で05年10月10日に 競売に掛けられ、専門家の見積もりで…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

春先の外交 季節感重視/タケノコ ワラビ フキ タラの芽 ウド 対 サヨリ

春色日増しに濃く吹く風も肌に心地よく感じられる季節 になりました(巻頭挨拶文を探して見つけた文)。 南北に長い日本ですから、とんでもないまだまだそんな シーズンではないとおっしゃる地域の方もいらっしゃるこ とでしょう。 それでも、春は確実にやってきています。 今月の初めころから友人、先輩、家人の親しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古希野球大会で準優勝

県内の(春季)古希野球大会があり、 我がチーム(別府シニアー)は準優勝だった。 県内から元気の良い選手が集まった。 8チームによるトーナメント方式。 4月15日~16日の二日間に熱戦を繰り広げた。 選手の気持ちは高校生に負けないものがある。 また、身体は昔程動かないものの、往年の面影を とどめて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

餅は餅屋 絵のことは絵の先生に

恥ずかしながら分からないことを訊いた。 知らない、というより覚えてないので仕方がない、という言い訳を自分にしながら、餅屋(勿論ご本人の職業のことではない)のSさんの家に走り込んだ。 自分で調べるには時間がなさ過ぎるので、専門家を煩わせた次第。 1月の大分第九・日豊第九のウイーン公演の帰りにパリへ寄った。 その記録…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本当の地産地消のアサリ貝汁

このところ、海産品の偽装表示、販売がおこって、刑事事件になった。 ただ、儲ければいいという金権亡者に言い訳はない。  それに引き替え、こちらのアサリは潮干狩に行った知り合いからお裾分けしてもらった、正真正銘の地元産である。 商品ではないから生産者名などはつけてないが、紛い物でもなければ別の場処で採れたものでもない。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

庭にわらび?

早すぎるとは思うものの、もしや、との期待があった。 なにげなく庭を見ると、ワラビのような草の芽があちこちに見えた。     しかし、考えてみれば、ワラビの時期には早すぎるし(いやいや暖冬だったし--とも思ったり)、だいいち、庭にワラビが出来るはずはない、とういう常識もどこかに吹っ飛んでいた精神状態だったのだろう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

交差点の信号で停止している車に突然の訪問者

3月25日 午後2時前、10号線の春日町で信号待ちで止まっていたところ、車の窓ガラスをとんとんとたたいた人がいた。 このときの状況を説明しておくと、3車線の中央よりで停止線の一番前に止まっていた。 バックミラーにちらっと人影が見えた。 普通歩行者は横断歩道を歩くはずなのにおかしいな、とは思った。 その後、すぐに、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビデオの編集の後、ピアノコンサートに行く

今日、日曜の朝駆けは9時前、A先輩の家を強襲。 第4回大分第九ウイーン公演のビデオの編集をするためである。 (20090113演奏当日リハーサル前・楽友協会ゴールデンホール) 前回に続いて、今日はベートーベンの「第九の第4楽章」の編集作業である。 3台のカメラの映像と音声の電子編集を行う。 第一段階…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

確定申告と今度はジンチョウゲ

確定申告はチョロいもんだ、パソコンのソフトを使えばすぐに出来るから、と書いた。 そして、わずかな還付金の算出に喜んだ、とも。 確かにすぐには出来るのだが、少し操作を間違うと、てこずる。 提出間際のパソコン資料がおかしくなった。 実は先日作って、添付資料待ちのためデータ保存を行った。 ここで間違った操作を行ったた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

確定申告と梅の花

いつものことだが、何事も早く済ませておけば良いものをぎりぎりまで引っ張ってしまう癖がある~勿論、私のことです! この時期確定申告の書類作りに追われる。 といっても、「入ってくる」のは決まったものだから大して複雑なものではない。 源泉徴収票、支払い調書、保険料控除証明書、社会保険納入証明書をみて パソコンに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

物忘れをしない方法を教えて

1月は行く・・・2月は逃げる…去る3月ということが言われていますね。 何となく意味は分かります。 何と言っても2月だけは本当に短く感じます。 3月以降に良いことが待っている、という場合はどうなんでしょう。 今日は月々のことではなくて、「忘れる」ことを話したいのです。 このところ、忘れることが多くなったような気が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

宇佐神宮のゴミ

(宇佐神宮 西大門 県指定有形文化財) 「宇佐神宮:マナー悪化で札納所廃止 ごみ処理限界 大分」 と毎日新聞。 ”大分県宇佐市の宇佐神宮が、年末年始の参拝者から古くなった破魔矢などの縁起物を預かり、処分する「古神札納所」を廃止した。 参拝者がプラスチックや生ごみを置いていくなどするため、分別に数カ月かかり処理も限…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

咲いた咲いたサクランボの花が!

この時期はまだまだ寒いのが相場である。 それに雨が降ったり止んだりとどうもすっきりしない日々が続く。 それでも、季節は動いている。 梅の時期であちこちで梅祭りも行われていた。 ところで、一本だけある我が家の庭のサクランボの花が満開になった。 我が家だけの花見の時期になった。 5月に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスローズの花が咲いた

去年、先輩のAさんから沢山いただいたものが花芽をだし、少しずつ咲き始めている。 Aさんのお宅の庭に咲いているいろんな種類の花を想像しながら年を越した。 2月のはじめ頃から花芽が膨らみはじめ、まず写真の白が先陣を切った。 裏庭から、玄関前の塀の上において毎日観ている。 クリスマスローズについて全く無智だったので調べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more