テーマ:干し柿

干し柿とひなたぼっこ

「日向ぼっこ」が恋しくなった季節! 日だまりに新聞、雑誌などの読み物を手にしたお年寄り。 猫と一緒にお日様に当たるおばあちゃん。 そんな情景が頭に浮かんでくる。 また、アメリカ映画の西部劇などに 似たような情景が出てきたのを思い出す。 木枯らし1号が吹いたのかな?? *11月の初めに干した柿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カキ しぶがき  柿を吊す 干し柿を作る

行きつけの八百屋さんから渋柿の入荷の連絡があった。 10月中旬頃から依頼していた柿なのです。 (大 46個 千円) 家人が40個の皮を剥く約1時間。 吊すのに私が加わる約30分。 吊るし紐をどのように組むか毎年頭をひねる。 今年は一本の紐に4個付けることにした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

干し柿作り 柿 カキ 渋柿

季節到来! カキが色づいてきた。 行きつけの八百屋さんから入荷の知らせ。 やや大き目のシブガキ25個を仕入れた。 皮むき、熱湯消毒、吊しと手分けして一気に干した。 少し経って、アルコール消毒をすることにしている。 焼酎、ブランデーなど度数の高めの酒を使う手がある。 ★去年の干し柿作りはコチラです。
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

干し柿、吊し柿の取り込みと第二弾~経済の原則

10日あまりで色が変わった柿は、いわゆる「じゅくし」(熟し)状態。試食して様子をみた。 甘みはそれほどでは無いが、吊したままだと落ちそうな感じだったので取り込んだ。 冷蔵庫に保存した。 気温があまり下がらなかったせいか、柔らかい仕上がり。 いつもの例だが、半分は冷凍保存。 あと半分はいつでも手を出せるように、と冷蔵にした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

干し柿~晩秋~季節到来~わが家の干し柿作り

今年のとっかかりは2週間ほど遅れている。 ただ、季節的にはそんなに焦ることはないのだが あちこちの軒先にぶら下がったものが目につくと こちらの気持ちも上向く。 ということで依頼してあった八百屋さんにしぶ柿入荷。 ずっしりと重い一袋を仕入れてきた。 「剥き」と「吊し」の作業分担で、さっそく、「夜なべ」開始-- 剥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ただの干し柿、されど干し柿を見てゆれる心

なんてことはない、「ものは無いより有った方がよい」というお話。 全くもって筆者個人の考え方という断りを入れて書いています。 おどろおどろしいタイトルのようには見えますが、 冷蔵庫に蓄えた干し柿が減少していくことでゆとりがなくなった、 という実に単純な「心のゆれ」なのです。 干し柿ごときでなんで心の問題にまでする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

干し柿の作り方と完成品

なんとか軒下から取り入れた柿を小分けして冷蔵庫の冷凍室へ入れた。 なかなか見かけが良い(自画自賛)。 となると仕舞うだけだと味が分からないから、 数袋を冷蔵室へいれておいた。 このところ、食後のフルーツ(?)として卓をにぎわしている。 ただ、この調子でいくと早期売り切れ(^^;)も起こりそうなので 第二弾…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

干し柿にサザンカの花~日だまりの昼下がり

渋ガキを干してからほぼ2週間。 好天と低温が続いて順調に仕上がりつつある。 お気づきかも知れないが、柿の位置ががばらばらになっている。 これは意図的な配置をしている。 等間隔にすると隣同志の柿がくっつく可能性があるので 高低に差をつけた、つまり紐の長さを変えた次第。 このところ、それらしくなってきた色づき、 縮んできた…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more